SEMリサーチ

SEMリサーチ

高校生の4割以上が「メニューリスト」より「検索サイト」を利用 - IMJ「携帯電話のサイト検索に関する利用実態調査」

株式会社アイ・エム・ジェイのグループ会社・株式会社IMJモバイルは2007年8月2日、携帯電話のサイト検索に関する利用実態調査の結果を発表した。調査期間は2007年5月24日~5月25日、有効回答数は1217名から得られた。

携帯サイト閲覧のきっかけについての質問では、1位が「携帯のメニューリスト」(40%)、2位「パソコン」(36%)、3位が「携帯の検索サイト」(30%)。半年前の調査と比較して減少したのは「知人・友人からのクチコミ」(▲3.6%)、「メールマガジン」(▲3.4%)、「携帯のメニューリスト」(▲2.6%)となった。逆に、半年前と比較して利用が増えた手段は「パソコンから」(1.2%)、「テレビ・ラジオから」(0.7%)、「検索サイトから」(0.5%)だった。

目当ての携帯サイトを探すとき、「メニューリスト」と「検索サイト」のどちらを使う機会が多いかを尋ねたところ、「ほとんどメニューリスト」(31%)が最も高く、次いで「ほぼメニューリスト」(20%)となり、メニューリスト利用が全体の約5割。検索サイトの利用は、「ほとんど検索サイト」(13%)、「ほぼ検索サイト」(6%)となり、検索サイト派は全体の19%となった。世代別で見ると高校生の検索サイト利用が高く、「ほとんど検索サイト」と「ほぼ携帯の検索サイト」の合計が4割を超えていた。「メニューリスト」と「検索サイト」のどちらを主に使っているかは前回調査と比較して検索サイトが4%増加、高校生で見ると「検索サイト」を使う人の比率が11%増加している。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。