SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

オムニチュア、リスティング広告管理ツール「SearchCenter 3」日本語版をリリース

オンラインビジネス最適化サービスを提供するオムニチュア株式会社は2008年4月22日、リスティング広告の出稿・入札・運用を管理するソリューションSearchCenter(サーチセンター)の最新版、「SearchCenter3」日本語版を発表した。提供は2008年5月下旬を予定している。

SearchCenter3はオーバーチュア・スポンサードサーチやグーグル・アドワーズ広告の入札を設定した目標にあわせて自動的に最適化したり効果的な運用を支援するためのリスティング広告管理ツール。

最新版のSearchCenter 3 では新たにポートフォリオ入札機能を追加。キャンペーンに対しての予算額、最適化する指標(クリック数、インプレッション、売上高、ROAS)を選択すると、登録されているすべてのキーワードの入札価格が最適化される。例えば、最適化対象のキャンペーンを「PC」、1日あたりの予算額10万円、優先指標をROASと設定すると、全キーワードの予想クリック数や物販購入にいたった金額などを算出し、10万円の予算内で売上高を最大化するようにポートフォリオ管理を行う。最適化のタイミングは、毎日、毎週、毎月、または1回のみの選択ができる。

また、SearchCenter 3はリスティング広告に加えて自然検索(オーガニック検索)による検索結果を管理画面に同時に表示し、両者の結果を比較検討できるUIを用意した。例えば、自然検索でのみ訪問したキーワードの発掘や、有料検索と自然検索両者で上位表示されるキーワードに対する入札の自動設定など、両者を生かした入札管理を実行できる。

リスティング広告の管理ツールは今年に入って欧州のTDテクノロジーによるTD Searchware、サーチイグナイドジャパンによるSearchIgnite(国内代理店はサイバーエージェントとセプテーニ)が新規に国内営業を開始したほか、米SearchForce(同トランスコスモス独占契約)、米Efficient Frontier(同三井物産VIXIA)、そして今回のオムニチュアによるSearchCenter 3 と、日本のリスティング広告市場でもSEM管理ツールが一通り揃い、関心が集まりつつある。

同じ「リスティング広告管理ツール」とひとくくりにされるが、それぞれ開発設計思想が異なるために利用可能な機能やビジネスモデルの向き・不向きがあるほか、ポートフォリオ入札でも実装する金融理論アルゴリズムが異なるために導入後の結果は異なる場合もあるし、目的に応じて適切なツールを選択する必要がある。とりわけオムニチュアのSearchCenter 3 は同社が提供するWeb解析・SiteCatalystから取得したデータを利用した、訪問者の実データに基づく広告管理最適化が行える点で他社が真似できず、両者の融合の仕方次第で大きなアドバンテージを作れる可能性を秘めているといえる。

オムニチュア株式会社

http://www.omniture.com/jp/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。