SEMリサーチ

SEMリサーチ

ヤフーと電通、クロスメディア型広告「Spot&Search」を開発

Spot&Search HP 事例

ヤフーと電通は2008年7月17日、テレビCMと検索連動型広告を一体化させた、クロスメディア型広告サービス「Spot&Search」を実験的に開発したことを明らかにした。

「Spot&Search」は視聴者がテレビCMで表示された検索キーワードをYahoo!JAPANに打ち込むと、検索結果画面の上部(スポンサードサーチより上)に動画映像などの広告を表示する仕組み。電通によると、Spot&Searchはテレビ広告と特定検索サービスを結びつけた初の試みという。

「Spot&Search」の第一弾は日本ヒューレット・パッカードのCMで、7月19日から関東地区などでテレビCMが放映される。このCMでは「HP」というキーワードでの検索を促し、本日18日時点で連動したバナー広告が表示されている。

ヤフーと電通は今後、Spot&Searchの検証を行い、より効果的なクロスメディア型広告サービスの本格導入を目指す。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。