SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Quintura、視覚的に情報が探せるサイト内検索をリリース

米Quinturaは2008年10月21日、検索結果をビジュアルに表示するサイト内検索Quintura Site Searchを公開した。

Quinturaは検索結果の左側に検索ワードと関連する語句をクラウド状に表示し、クリックすることで右側の検索結果リストが変化するようになっている。また、検索結果を他のユーザとシェアする機能も備えている。米国のMaximやロシアのNewsweek、Cosmopolitanなどが各々のサイト内検索として導入し、また1000以上のパブリッシャーが利用登録を行ったという。現在、Quinturaは月間1,000万ビジターを獲得している。

Quinturaはすでに米国でマップやイメージを利用した検索エンジンのユーザインターフェースに関する特許を取得しており、ニューラル・ネットワーク技術を使用して文脈的な正確さや検索結果のレリバンシー(関連性)を改善するのに役立つものだという。

Quintura launches site search solution in U.S. market [Quintura]

http://company.quintura.com/company/news/2574/

#

KartOOGroxisujikoが当時、ビジュアルな検索を全面に押し出してリリース直後だけ注目されたけどすぐに音沙汰なしになったりしたように、過去の検索の歴史を振り返った時、ビジュアル検索を全面に押し出した企業で成功したところってないですよね。日本だとマーズフラッグのサムネイル表示でしょうか(これはサイト内検索で効いてるからいいけど)。

多くの検索エンジンのインターフェース(UI)は10本の青いリンクを並べるだけの検索結果で、そこにこうしたビジュアル的なものを持ち込むと最初は興味をもたれるのですが、結局使い続けていると、(GoogleやYahoo!で慣れ親しんだ)シンプルながら必要な情報が表示される”普通の”検索結果が使いやすいのではないかと思います。Googleユニバーサル検索やYahoo! SearchMonkeyはユーザのインテンションにあわせて(リンク以外の)コンテンツを表示するからいいのであって、単純な関連検索ワードやリスト表示はシンプルにテキストなのが結局のところ扱いやすいUIなのではないでしょうか。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。