SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google Matt Cutts、アルゴリズム変更について説明 - 信頼や権威、評判を重視

米GoogleのMatt Cutts氏は2009年3月4日、Google Webmaster Central Channel にて、最近のGoogleランキングアルゴリズムの変更について動画で説明を行った。

Is Google putting more weight on brands in rankings?

この話題は、ブログ「SEO Book」のAaron Wall氏が「Googleは検索ランキングにおいてブランドを従来よりも重視するようになったのではないか?」というエントリーを投稿したのがきっかけ。Matt Cutts氏の本ビデオは、この疑問に対する見解を述べるものとなっている。

同氏はまず、確かにGoogleが検索アルゴリズムに変更を加えたことを認めた。ただし、Googleは毎年300から400ものアルゴリズムの変更を加えているが、今回のその1つにすぎないという。今回は開発にかかわった社員の名前にちなんで、Vince's Changeと呼んでいる。

Googleサーチランキングチームは、とりわけブランドという観点で何らかの変更を加えたわけではなく、trust(信頼)、authority(権威)、reputation(評判)、PageRank(ページランク)、High Quality (高品質)といった要素を考慮するようにアルゴリズムを変更したという。ただし、この変更で影響を受けるクエリはきわめて限定的。

#

[UPDATE] 03/11 18:30 文章を書き直しました

本当に些細な変更の模様。むしろ、こんな些細なことでもちゃんとコミュニティに対して回答をするMatt Cuttsが偉い。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。