SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、3ワード以上での検索時に説明文(スニペット)の行数拡大

米Googleは2009年3月24日、3ワード以上のキーワードで検索した時に、ウェブ検索結果に表示するスニペット(説明文)の行数を増加したことを公式に明らかにした。同様の機能は昨年末時点で日本を含む一部のユーザ向けにテストを行っていたことを確認している。

通常、Googleはウェブ検索結果に、ページのタイトル、説明文(スニペット)、URLを表示する。この時の説明文は通常1~3行で収められている。しかし、複数のワードや長いキーフレーズを使って検索した時は、3行程度の説明文では文脈が判定できず、適切なページを探せない場合もある。そこで今回、Googleは3ワード以上で検索された場合、説明文を4~6行表示するように変更した。たとえば「earth's rotation axis tilt and distance from sun」と検索すると、説明文が6行程度表示されるため、すべての検索ワードの文脈を確認することが可能になり、目当てのページを見つけやすくなる。

この変更はGoogle日本版でも導入済み。

Two new improvements to Google results pages

http://googleblog.blogspot.com/2009/03/two-new-improvements-to-google-results.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。