SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

「Googleユーザの55%がBingに乗り換え」?? - One News Page調査

米ニュースポータルOne News Pageによる1000人を対象にした調査によると、Googleの55%のユーザがMicrosoftの新検索エンジンBing(ビング)に乗り換える計画だという。

同調査によると、58%のユーザがGoogleは検索市場で独占しすぎと考えており、65%がBingという名前が好きで、90%がBing it (Bing(検索)する)という表現を使うだろうと回答、また55%はBingはGoogleとそれほど違わないと回答した。

Some 65% of respondents liked the name Bing, while 90% said they would use the expression ‘to bing it’ as a term for searching on the web. Despite the positive response to Bing, 55% said Microsoft’s search engine wasn’t different enough from Google. [Over half of people will replace Google with Bing, New Media Age, Friday 5 June, 2009]

Bingは旅行や商品購入の意志決定に必要な情報への素早くアクセスできる、ディシジョン・エンジン(意志決定エンジン)としてのコンセプトを明確にし、Googleとの差別化を図ろうとしている。

#

突っ込みどころがありすぎ。One News Page というポータルが見つからないし。55%がGoogleとの違いを感じてないだけで、記事見出しの「乗り換える」とはいってないでしょうし。どんなユーザに質問したんでしょう。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。