SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米MS、Bing TravelのTVコマーシャル

米Microsoftが米国で旅行検索エンジン「Bing Travel」(ビングトラベル)のテレビコマーシャルを放映中。

Bing Travelは2009年6月のBing正式リリースと同時に公開された旅行検索エンジン。Microsoftが2008年4月に買収したFarecastをベースに開発した。出発地と目的地、日時などの条件を指定すると合致する航空券や宿泊情報を表示するが、従来の旅行検索のように単に航空会社あるいはホテルと価格を表示するのではなく、それを今購入(予約)すべきか、待つべきかの判断材料を提示できるのが特徴。これは過去の航空運賃や価格変動情報のデータベースを参照して、7日間の間に料金が値上がりするか、それとも値下がりするのかを判断。もし7日後に価格が下がる可能性が高ければ「待て」というアドバイスが表示されるようになっている。

Microsoftの調査によると、旅行者の45%が飛行機や宿泊施設を選ぶ時に検索エンジンを利用し、52%が航空便を予約するまでに3つ以上のサイトを訪問している。また42%は意志決定までに1週間から3週間の時間をかけており、17%は1ヶ月以上もの時間を要しているという。Bing Travelは飛行機や宿泊施設の意志決定に必要な包括的な情報を同一サイト上で整理して表示することで、この検索タスクにかかる時間を短縮し、ユーザエクスペリエンスを高めようとしている。

Bing Travel

http://www.bing.com/travel/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。