SEMリサーチ

SEMリサーチ

カスペルスキー、Google AdSense広告をトロイの木馬「Trojan.JS.Redirector.ar」と誤検知

ジャストシステムは2010年1月25日、同社が販売するセキュリティ対策ソフト・Kaspersky(カスペルスキー)が一部のウェブサイトでトロイの木馬を誤って検知する場合があることを明らかにした。この不具合は米国のKasperskyユーザからも多数報告されている。

一部のニュースサイトを閲覧した時、"pagead2.googlesyndication.com" (Google AdSense広告)がトリガーとなってトロイの木馬「Trojan.JS.Redirector.ar」を検知する場合がある。これはAdSenseのスクリプトを誤検知していることが原因。国内販売元のジャストシステムによると、2010年1月25日23時以降に配信された修正定義データベースによって問題は解消される。

Kasperskyは2009年11月にもGoogle AdSense広告をウイルスと誤検知してブロックする不具合を発生させている。

KasperskyでWebサイト閲覧時にトロイの木馬が誤検知される件

http://jsboard.com/doc/jkmob/ja/index.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。