SEMリサーチ

SEMリサーチ

Google、"broad match modifier"(絞り込み部分一致)を正式提供、日本は近日予定

米Googleは2010年7月14日、今年5月に英国及びカナダでベータテストを開始したbroad match modifier(絞り込み部分一致)を正式にリリースした。ただし、日本語、中国語、タイ語、アラビア語、ヘブライ語は近日予定となっている。

絞り込み部分一致とは、フレーズ一致よりリーチを広げ、部分一致より詳細にコントロールできる AdWords のキーワード ターゲット機能。プラス記号(+)を部分一致キーワードの語句の前にスペースを入れずに付けることで利用できる。AdWords Editor や AdWords API からも利用できる。

たとえば、「テニス +シューズ」と設定すると、部分一致の拡張が無効になるため、キーワード「テニス スニーカー」では広告が表示されなくなる。

Googleは、すでに広告主が部分一致キーワードを利用している場合、既存のキーワードリストに絞り込み部分一致(+)の設定をするのではなく、新たに絞り込み部分一致のキーワードを作成することを勧めている。絞り込み部分一致はフレーズ一致に近い性格を持つため、既存のものに加えるとクリック数やコンバージョンに影響が出る可能性があり、品質スコアが改善しないためだ。

New keyword targeting feature rolling out globally [Inside AdWords]

http://adwords.blogspot.com/2010/07/new-keyword-targeting-feature-rolling.html

New keyword targeting feature for advertisers in the UK and Canada

http://adwords.blogspot.com/2010/05/new-keyword-targeting-feature-for.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。