SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

BingとBing導入テストのYahoo! Searchの検索結果の違いは?

米Yahoo!とMicrosoftが各社の公式ブログで明らかにしているように(関連記事)、カナダ・米国のYahoo! Searchのトラフィックの1/4を対象にしたBing移行テストが実施されている。このテストユーザになった場合、検索結果UIは従来と変わらないがランキングはBingのアルゴリズムサイト検索技術に基づいたものが表示される。

今回は、Bing移行テストのYahoo! Search画面を確認することができたので、Bingとの相違点や類似点について簡単にまとめておく。

・両者の検索順位は全く同一

・キーワードのヒット件数は、BingとYahoo!で異なるケースが多々あり

・ブレンド検索は挿入箇所に違いあり

・ローカルや画像など、Yahoo!プロパティから引用しているデータなどは当然Bingと異なる

・Bingの左側に表示される関連検索やクイックタブ(カテゴリ)は、Yahoo! Search上では表示されていない。Yahoo!独自の絞り込み機能が表示される

・Bing自然検索で表示される、主要なディープリンクを一覧表示するサイトリンクはYahoo! Search上では一切表示されない

・Yahoo! SearchMonkey(日本名:Yahoo!検索プラグイン)は表示されない。これは移行テスト中で準備が出来ていないために表示されていないのであり、将来消滅することを示唆しているわけではないと考えられる(Microsoftの氏はインタビューでSearchMonkeyをBingに統合する考えがあることを1年前に表明しているが、決定はしていない)

・リスティング広告は、ジオターゲティングにより日本からは広告が表示されないため、Yahoo!とMicrosoftの違いを確認できず

以上、公式発表通り、あくまでBingは検索のバックエンド技術として、私たちユーザが目にするUIはYahoo!が独自にコントロールという状況です。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。