SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、「大量スパムサイトを運営するサーバは丸ごと削除する」と明言

米GoogleサーチクオリティチームのKaspar Szymanski氏がTwitterにて、大量のスパムサイトをホストするサーバは、全サイトをインデックスから削除する場合もあるとコメントしている。

ある特定のサーバにおいて、異常な数のスパムサイトが発見された場合、そのサーバの管理者自身が検索エンジンスパムを行っていると考えられるため、こうした措置を行う。数年前に、中国のとあるサイトが数千万規模のサイトを用いたウェブスパムを実施したことがあるが、この時 Google はそのサーバに同居するサイトも丸ごと削除したことがあるので、それを裏付けるコメントだ。

また、2000年代前半には、ブラックハットなSEO会社と結託したサーバホスティング業者が、その資源を有効に(?)利用して悪質なウェブスパムを実施することが流行していたが、この中でも悪質なケースでは IPアドレス(=サーバ)単位でインデックスから削除をしていた。

なお、こうしたコメントを聞くと、FC2やAmebaといった、無料ホームページサービスやブログサービスを利用しているユーザーが不安を感じるかも知れないが、こうしたケース自体はきわめて希である。また、この問題を引き起こすのは、同居するユーザーのスパムではなく、そのサーバやサービスの運営者自身がひどいスパムを展開している時だ。したがって、心配無用だ。

ただし。2005年前後に立ち上がった無料ブログ(その他ウェブスペース含む)サービス提供事業者の中には、ユーザのウェブスペースにスパムリンクを(まさにGoogleが大嫌いな)自動的に埋め込んでいるところが、残念ながら、存在する。これがインデックス削除等の措置を講じられるほどのレベルかどうかは知らないが、そういうブラックな手法に手を染めている会社は日本にもいるので、フリーなウェブスペースやブログ、Wikiを借りる時は気にしてみよう。

if freehosts appear 2b massively spammed #Google reserves the right 2take action on the entire site #forum #response @kas_tweets

Ban na domene. Poprawki naniesione i zgłoszone a googlowi ciągle coś nie pasuje.

http://www.google.com/support/forum/p/Webmasters/thread?tid=69b6460ef2041dfc&hl=pl

Kaspar Szymanski

https://profiles.google.com/110192192554903281760/about

Google: We Can Ban All Sites On A Hosted Server

http://www.seroundtable.com/google-ban-host-13459.html

#

日本にも無料ブログやWiki、ウェブスペース提供業者にスパムやってるところがあったことを思い出したので追記しました。いま覗いてみたら、相変わらずまだやっていました。[2011/05/26 20:15]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。