SEMリサーチ

SEMリサーチ

クラッキング&スパムSEOによる検索結果占拠(キーワード:ティファニー 婚約指輪)

※ 本事象は1月9日午後に不正アクセスを受けたサイト管理者に連絡し、対処済みです。また、Googleに当該検索結果のスパム報告も完了しています。

検索結果の汚染が常態化する「ブランド品」系キーワード

グッチやエルメス、ティファニー、ヴィトンなどのブランドキーワードは、粗悪なコピー品等の偽物販売業者や実際には商品が届かない通販詐欺を目的とした企業がブラックハットSEOを駆使するために、検索結果が汚染されやすい性質があります。巷の日本のSEO業者が行うスパムはかわいいもので、こうした業者は悪意だけで実行しますので、スパムの手法も多彩で悪質です。それ故に、Google や Bing はこうしたキーワードカテゴリに特化したウェブスパム対策を強化しているものの、まだ課題があります。

今回はそうした業者が行うSEOを組み合わせたウェブスパムの一例を紹介します。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。