SEMリサーチ

SEMリサーチ

SEO:グーグル、スパムリンク対策を強化 ウェブマスターへの「指摘」相次ぐ

2011年6月末頃より、グーグルがPageRankの不正操作により検索順位を歪めようとしているウェブマスターに対して、ウェブマスターツールを通じた指摘・警告を行っている模様だ。

有料リンクや隠しリンクなど、不正なリンクにより検索順位を操作しているウェブマスターに向けてグーグルが指摘することは今に始まったことではないが、今回は(1)不正リンクを発信しているサイトの管理者と(2) 不正リンクをうけているサイトの管理者の双方にグーグルが指摘を行っている点が新しい。

前者は、あるサイトの検索順位を上昇させることを目的に作成された、リンク供給用のサイトを指す。こうしたサイトの大半は、発リンクを設置する枠を用意することが目的のため、サイトのコンテンツの品質はきわめて低く、ワードサラダ(日本語として意味をなさないスパムコンテンツ)までいかないが、適当なキーワードを配置し、そのキーワードからターゲットのサイトに向けてリンクを貼りつけている。グーグルは今回、こうしたサイトの管理者に対して、PageRankの不正操作を目的とする、他のサイトに向けたリンクが検出されたことを指摘している。

一方の後者、「不正リンクをうけているサイトの管理者」とは、たとえば有料リンクの購入、リンクファーム的なプログラムへの参加、あるいは先述したリンク供給用サイトなどから、多数のリンクをうけている場合に該当する模様だ。Googleヘルプフォーラムにも該当する相談が投稿されているが、この相談者の場合は原因と考えられる有料リンクが外せないためにすぐに対応ができないようだが、同様のケースは少なくないと考えられる。つまり、たとえばSEO業者にSEOをアウトソースしたものの、その業者が低品質なリンクを大量に貼り付けた結果、グーグルからその指摘が行われるというケースは当然考えられるが、SEO業者がそのリンク外しに応じない場合、対処法が極めて厳しくなる。

米国と比較して、比較的「甘い」対応だった日本国内だが、本件は「日本語のスパムにも厳しく対応する」という姿勢が伺える。SEO業界では何故か「パンダ・アップデート」に注目が集まっているが、倫理的・技術的に「ダメなものはダメ」であり、それはパンダ・アップデートで話題としているコンテンツだけのお話ではない。日本は大丈夫だから・・・という甘い考えは一度捨ててみてはいかがだろうか。

被リンクがはずせない場合の対処方法 (Googleヘルプフォーラム)

http://www.google.com/support/forum/p/webmasters/thread?tid=20507481e821ac37&hl=ja

Google の検索結果からホームページが消えてしまいました。どうすればいいでしょうか?

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2011/06/google_30.html

#

グーグルは公式ブログに6月30日付けで「Google の検索結果からホームページが消えてしまいました。どうすればいいでしょうか?」という記事を掲載していますが、なるほど、だからこのタイミングなんですね。

「リンクを発信している側への指摘」これ、SEO会社が管理・運営しているサイトに対してのものなら、(きっとウェブマスターツールにも登録しているので)グーグルから指摘のメッセージが届いたときにそれを把握して対処できると思うのですが、有料リンクを販売しているメディアは気がつかない可能性が比較的高い気がします。

とりあえず儲かるからそういう枠を用意しているだけで、検索サービスにおけるリスクを把握していない担当者は意外と多いからです。だから過去に、そして現在も、PageRankを大幅に下げられているのに何の対処も行わない大手ブログや大手メディアさんがいるわけで。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。