SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、不自然リンクを指摘する警告メッセージを全世界のウェブマスターに送付

米Googleが、不自然なリンク(Unnatural links)が検出されたサイトのウェブマスターに向けてGoogle Webmaster Toolsを通じた通知メッセージを送付している。2012年7月20日午前(日本時間)時点で日本の多くのウェブマスターに同警告通知が送信されていることを確認したが、欧州や北米など全世界でかなりの量の通知が送信されている模様だ[UPDATE 2012/07/23 通知メッセージの内容について]

届いた人は、対処法に従ってほしい。間違っても、無視・放置しないこと。

#

日本、欧州、北米にて現地の人に確認しました

届いた通知メッセージに、不自然リンクを指摘している文言があった場合、必ず該当リンクを外す対応をして下さい。皆さんが契約している外注先会社やコンサルタントが無視・放置しろとアドバイスしてきても、そのアドバイス無視して対応して下さい。

[追記] Googleが今回の全世界配信の不自然リンク警告通知について、背景を説明しています。要は、手動対応(=スパム認定)したサイトかどうかはともかく、不自然リンクがいくつか検出されたサイトにはすべて通知送るようにしましたということです。いずれにせよ、本警告通知が届いたら、[1] 手動対応が行われて自分がガイドライン違反していることがわかったら対応する、[2] とりあえず自分のサイトのリンクプロファイルを確認して、不自然なリンクは取り除いておく、といういずれかの対応をすることになります。[2] が無難でしょう。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。