SEMリサーチ

SEMリサーチ

Googleペンギンアップデート、次回更新は影響が大きい?

2012年4月末にペンギンアップデートが実施されて3ヶ月以上が経過したが、Googleマットカッツ氏によると次回更新は影響が比較的大きい模様だ。サンフランシスコで開催中のSES San Francisc

ペンギンアップデートは、スパム的なSEO手法をターゲットしたフィルタリング。

When people asked Cutts about the next Penguin Update he thought: You don’t want the next Penguin update, the engineers have been working hard. [...] For Penguin:- The updates are going the be jarring and julting for a while. [...] Webmasters who want to get as much visibility as possible should look at the spectrum of value you’re adding. [Matt Cutts, SES San Francisco, August 2012]

#

Matt Cuttsさんがアップデート実施前にこういう表現で説明するのは比較的珍しいですね。ウェブスパムを効率的に検出できるようになったことに自信があるのでしょうか。ペンギンアップデートは比較的、(変な意味で)ポピュラーなSEOテクニックを標的にしているので、一般的にダメといわれていることをやっていないのであれば心配するようなものではありません。手をだしていなければ、ですが。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。