SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

検索結果でクリックするリンクは「知っているブランド」 -米SearchEngineLandとSurveyMonkey調査

米国消費者の70%は検索結果でクリックするサイトを選ぶ時、自分が知っているブランドを選択する - 米Search Engine Landと米SurveyMonkeyが行った共同調査でこんな結果が明らかとなった。

調査は2013年11月21日から22日にかけて米国のインターネットユーザー400人超を対象に実施。『検索結果でクリックするサイトを選択する時に最も重要なことは?』という問いには(3つまで選択可能)、70%のユーザーが「知っているブランド(のサイト)」と回答。次に多かったのが「送料無料」と「ディスカウントやセールスを実施している」ことだった。

また、今年の贈り物を探す時にどのサイトを利用する予定か尋ねたところ、67%がGoogleを、66%がAmazon.comを利用すると回答した。1/4以上の消費者に選ばれた会社はこの2社だけだった。PinterestとBingを選んだ回答者は10%に満たなかった。

その他:

  • スマートフォン所有者のユーザーの10%は、自分のスマホにインストールしたモバイルアプリで買物をする
  • スマートフォン所有者の52%は、パソコンで検索するのと同じようにスマートフォンで検索する
  • スマートフォン所有者の61%は、モバイルでの検索は難しいと考えている
  • 18%の利用者は、音声検索で検索が簡単になると思っている
  • 14%の利用者は自分のモバイル端末で買物をする
  • 35%の利用者がモバイル端末で買物をしない理由として、チェックアウトの難しさを挙げた

Brand Bias: 70% Of Consumers Look For Known Retailers When Doing Product Searches

http://searchengineland.com/brand-bias-70-of-consumers-look-for-known-retailers-when-doing-product-searches-179570

cf.

[アイトラッキング調査] Googleユーザは検索結果の上半分しか見ていない? - アイレップら3社、検索利用調査を発表

「検索の"見やすさ","わかりやすさ"で Googleの満足度が高い」 - Google/Yahoo!検索利用者のアイトラッキング調査、JMI/アイレップが実施

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。