SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、In-depth articles の新しい表示形式のテストを実施

MozCast の報告によると、米Google が一部のユーザーを対象に、In-depth articles の新しいデザイン表示を試験していることが明らかになった。

In-depth articlesは2013年8月に導入された機能。「ウクライナ情勢」「人口問題」「安楽死」「iPS細胞」「9.11」といった、一般的なトピックを表す検索クエリや、組織名や人物名で検索した時に、そのことについて詳細に記した、高品質なウェブページを表示する機能。流行に左右されず、常時参照されているような話題(記事)が表示対象となる。

In-depth articles は標準で3つの記事を表示、それぞれサムネイルと説明文、ソース、日付を伴って表示される。しかし新たに発見された形式は、ニュース検索結果でよく見られるような、タイトルとソースの1行で表した形式で表示面積も縮小されている。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。