SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

2006年には Google / Yahoo! ら4強がターゲット型広告市場を独占

米META Group の発表した ターゲット型広告市場 (Contexual advertising market)の成長予測。Google Yahoo! MSN AOL 4強がターゲット型広告市場を独占するとまで。

米IT関連調査会社 META Group が15日発表した調査報告で、中小の検索技術会社と検索サービスを提供する大手企業が現在米Yahoo!と米Googleに支配されている検索市場シェアを巡って競争を展開しており、ターゲット型広告市場は2006年には50億USドル規模に達すると予測している。

また同調査は米LookSmart についても触れており、米LookSmart は Yahoo! - Overture や Google - AdWordsとは異なる独立したターゲット広告企業を謳っているものの、それの持つ小規模ネットワークという弱点を補えるほど訴求力は持っておらず、先日の米MSNとの契約終了という事実が米LookSmartにはもはや Yahoo!とGoogle と争えるほどのネットワークを構築することは不可能であることを実証していると述べている。

さらに米MSNと米AOLについては、数多くの顧客基盤を既に構築している両者は2006年までにターゲット型広告配信企業を買収するかあるいは自社でターゲット広告配信事業を構築してこの市場に参入し、ターゲット型広告市場は Yahoo!, Google, AOL MSN の4社によって独占されるだろうと結論づけている。

注 原文にあった"contextual advertising" は「ターゲット型広告」としました。"文脈型広告" ではちょっと変かなーと。言葉のニュアンス的には日本語では「ターゲット型」でいいのではないかと。

contextual advertising market = ターゲット型広告市場

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。