SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

analysis

なぜサーチマーケティングが成長しているか - eMarketer レポート

米eMarketerのCEO、Geoff Ramsey氏が、なぜサーチマーケティングが成長しているかについて10個の理由を挙げています。

パーソナライズドサーチを巡る争い - 検索結果の"最適化" へのこころみ

「ユーザーが探しているものを理解して最も最適な検索結果を返すこと」 - これが検索エンジンの使命だが、これを実現するためにカギとなる技術の1つと言われるのがパーソナライズドサーチと呼ばれるものだ。

検索の利便性強化に取り組むネイバー

検索エンジンの使い勝手向上に取り組んでいるネイバー(NAVER)のお話です。

Yahoo!JAPAN が Google との提携に終止符を打つ日はいつか?

米Yahoo! は Google との提携に終止符を打ち、独自検索技術を Yahoo! Search に投入した。果たして Yahoo!JAPAN がこれに追従して Google と"離婚"して、新たな Yahoo!サーチをリリースするのはいつになるのか。

デスクトップ検索市場を狙う Yahoo! と Microsoft

検索の主戦場はブラウザからデスクトップへ - ということで、デスクトップ検索について市場競争が加速しそうだという CNET の記事。

解説: Yahoo!、検索エンジン切り替え - Google と袂を分かつ (III)

Yahoo!、Google との提携解消報道に関する解説記事。3つ目(最終)

解説: Yahoo!、検索エンジン切り替え - Google と袂を分かつ (II)

Yahoo!、Google との提携解消報道に関する解説記事。2つ目。

解説: Yahoo!、検索エンジン切り替え - Google と袂を分かつ (I)

Yahoo! Inc. が Google との提携を解消すること自体は以前から予測されていたことですが、その時期は不明確でした。Inktomi および Overture との買収が完了してから1年以内には何らかの行動を起こすものと思われましたが、ついにその時がやってきました。

展望2004:カテゴリ分類表示が流行るのか?

Teoma,Vivisimo,Mooter,WiseNut,AlltheWeb、そしてGrokker2 - これらの検索エンジン、検索ツールに共通するのは検索結果をトピック別に分類して表示する機能です。カテゴリ表示は流行になるか?

Groxis、" Grokker 2 " でデスクトップ検索に進出

Microsoftと Google が争う デスクトップ検索の市場に Groxis Inc. が参入しようとしている。

検索市場を巡る争い (3) - Amazon.com の持つ技術の可能性

Amazon.com は先日、書籍内全文検索サービス"Search Inside the Book"を開始したが、この検索技術は既存の技術と組み合わせれば Amazon.com にとって検索市場を戦い抜く強力な武器となりそうだ。

Google Deskbar - 競争戦略の観点から分析

Google Deskbar。このツールのリリースから伺える、Google の描く未来図は「検索サービスそのものをブラウザを介さずにユーザーに与えること」。

Google Deskbar - MSの領域・デスクトップに入り込む Google

Google Deskbar のベータ版をリリースした Google だが、その狙いは -。

検索市場を巡る争い (2) - かつての「ブラウザ戦争」とどこが違う?

検索市場を巡る覇権争いは、ブラウザ戦争のように Microsoft がOSを使って決着をつけられるのか?!

Google と Microsoft の買収話 - 検索市場を巡る争い (1)

激化する検索市場を巡る争い - Google と Microsoft の思惑は? Google が IPO を目指す目的はどこにあるのか。

米Google、Sprinks 買収の戦略的意図

米Google Inc. が米Primedia Inc.のペイパークリック型広告(PPC広告)の Sprinks を買収したというニュースをお伝えしましたが、この買収戦略についての分析。

2006年には Google / Yahoo! ら4強がターゲット型広告市場を独占

米META Group の発表した調査によると、2006年には Google, Yahoo!, AOL そして MSN がターゲット型広告市場を独占との予測が。

Google - 日本語の壁を乗り越え圧倒的シェアを守れるか?

NTT-X 及び Google との間でWeb検索に関する技術開発及び広告販売で提携を結んだ事が発表された。両社が目指すのは「日本語で最も検索しやすいエンジンの実現」ということだが、これは Google が日本市場で確固たる地位を安定させるための重要な布石になるか…

米Findwhat、日本市場で成功のカギは?

米FindWhat が三井物産と組んで日本に進出してきますが、Overture と Google の2強で占められた市場で勝算はあるのか?

PPC広告市場動向 - 成功のカギは?

PPCプロバイダーとしてビジネスを成功させる為に必要な要素は?

米国のアフィリエイト業者、「Google 反トラスト法違反」で告発準備

アフィリエイトショッピングモールを運営する会社が「Googleは独占的な立場を利用してトラフィックを排除している」と激しく非難。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。