SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

オンライン消費者が途中でショッピングカートを放棄する理由

オンライン消費者がショッピングカートに入れた商品を買わずにそのままサイトを立ち去ってしまう理由は何故か。2004年の eMarketer, Inc. の調査結果です。

NetIQ’s WebTrendsによる、2003年12月3日から7日かけて成人米国消費者1,000人に質問した結果をレポートです。このレポートによると、35% は送料や手数料など商品以外の料金の高さを理由に挙げています。また30%はサイトがあまりに多くの情報入力を要求することに嫌気が差したとしています。

米国消費者が途中でショッピングカートを放棄する理由。2003年12月

(Source:NetIQ’s WebTrends / 図は eMarketer Inc.)

また、再びサイトを訪れてさらに購入を誘発するサイトに求められる要素として、セキュリティポリシーの厳格さと価格を挙げています。「サイトがあなたの個人情報を保有していること」(パーソナライゼーション)は12%になってます。パーソナライゼーションよりもセキュリティポリシー、価格、そしてサイトのナビゲーションやレイアウトの方が重視されるということです。

以前買い物したサイトに再び訪れてさらに買い物をしたくなるサイトの要素は?

(Source:NetIQ’s WebTrends / 図は eMarketer Inc.)

[Source]

Reasons why e-Commerce shoppers abandon carts [escalate your sales to success]

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。