SEMリサーチ

SEMリサーチ

「電車男」の検索キーワードランキングが急上昇 - ネットレイティングス

ネットレイティングス株式会社は2005年8月26日、2005年7月度のインターネット利用動向情報サービスの調査結果し、映画化、テレビドラマ化で注目を集める「電車男」のキーワードランキングが急上昇していることがわかった。

Yahoo! やMSNなどの主要ポータルサイトの検索サービス、Googleなどの主要検索サイトを集計対象とした検索キーワードランキングで、「電車男」は5月の79位、6月の17位から、7月は5位に急上昇、推計入力者数は63万7千人に達している。6月4日に公開された映画版「電車男」の公式サイトは公開後も勢いは衰えず、7月には49万4千人に拡大した。また、7月からフジテレビ系列で始まったテレビドラマ版「電車男」の公式サイト(wwwc.fujitv.co.jp/denshaotoko)にも60万2千人が訪問、フジテレビ(fujitv.co.jp)のサイト訪問者全体(499万7千人)の12%が視聴したことになるという。

ネットレイティングス代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏は「昨年の電車男ブームはネットユーザー内に限られた流行でしたが、当時も検索キーワードや関連サイトへのアクセスは大きく伸びていました。その後、オンライン上ではいったん沈静化したものの、今年に入り出版、漫画、映画、ドラマなどのメディア展開が行われたことで、再び検索キーワードの入力者数や関連サイトの訪問者数増加となって現れたようです。昨年と比較すると関心層のボリュームは拡大しており、その特性も大きく変化していると考えられます。」と話している。

検索キーワード「電車男」の入力者数および「電車男」公式サイトの利用者数推移

図はネットレイティングスより。

ネットレイティングス株式会社

http://www.netratings.co.jp/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。