SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

PageRank流出でどれくらいランキングは下がりますか?(SEOの進化とWeb制作のコツ、Web標準の日々より)

Q) あるSEO会社から、自分のサイトから外にリンクを張るとPageRankが流出するという話をきいたが、実際どれくらいランキングに影響するのか?

A) SEOでよく話題になるPageRank勘違い知識ですね。話を整理しておきましょう。

1. PageRankが流出する、という話はもともと、PageRankに関する文書でよく紹介されるPageRank計算式に基づいています。ちなみにその文書は遥か昔のものであり今日Googleが実装している"PageRank"とは違うものですから、この計算式を根拠に話を進めること自体が意味ありません。

2. そもそも、この話は「外部サイトにリンクを張るとPageRankのスコアが減る」といっているだけで、それによって「ランキングが下がる」とは一言も言っていません。もし、ランキングアルゴリズムがPageRankによってのみ構成されており、PageRankスコアによってランキングが決定しているのであれば「流出」は大変な問題です。でもランキングはPageRankによって決定していません。よって全く根拠のないお話です。

3. 私たちが目指すことはPageRankを最大化することではなく、キーワードとページとの関連性(relevancy)を最適化することです。その最適化において、関連する有益な外部サイトへリンクを張ることはむしろ関連性を高めることに貢献します。例えば、SEOを話題にしたページがあって、最後に参考サイトとして私のサイトや本日講演する住太陽さんのサイトにリンクが張られていれば、それは訪問者にとって有益な情報ソースですよね?このように関連する有益な情報源を紹介するサイトは相応に評価されるべきですし、検索アルゴリズムとはそういうものを評価するのです。つまり検索エンジンは、あるページがどこからリンクされているかだけでなく、どこにリンクを張っているかも評価対象としているということです。

以上まとめますと、PageRank流出なんて観点で有益な外部のサイトを紹介しないことは訪問者にとっても、あなた自身にとっても不利益になりますから、そういう考えはやめて、結局「ユーザーのためになるサイトであり、あなたがそのリンク先を信用するのであればご自由にリンクを張ってください」。

[補足] この話に関連してよく尋ねられる質問として「私のサイトはSSL証明書を使っていることを示すためにベリサインのサイトにリンクをはっています。SEOの観点から外したほうがいいのでしょうか?」というのもありますが、これもSEOの視点から考えること自体が間違っている好例です。なぜあなたはベリサインのリンクに張っているかを考えれば、張るべきか張らざるべきか決められるはずです。SEOをものさしにして考えていいことと、考えてはいけないことの区別をきちんとしましょう。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。