SEMリサーチ

SEMリサーチ

検索エンジン上位表示が与えるブランドへの影響

2001年に米NPD Groupが実施した、検索結果の上位に表示されることが消費者に与える影響についての調査結果。

まずブランドの純粋想起(unaided recall)については検索結果の1位や2位、3位に表示されることが、ディスプレイ広告などよりも遙かに影響を与えていることが明らかになっています。検索結果1位~3位の純粋想起はそれぞれ65%、61%、58%。対するバナー広告とタイル広告は24%、22%です。検索結果の上位に表示されることで検索利用者は自然と、そのキーワードにおけるメジャーなサイトであると認識するようです。同様に好感度においても検索上位に表示されることが好影響を与えています。また、ネットショップでの買い物をするときにも、そのお店は検索エンジンで見つけていることから、「ほしいものがあればまず検索」というオンライン消費者の行動がうかがえます。

ブランドの純粋想起の比較

ホームページに対する全体的な好感度は?NPD Group 2001

買い物したネットショップを見つけるのは、検索エンジン NPD Group 2001

(2005年1月)

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。