SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、ユニバーサル検索の表示レイアウトを継続的に試験中

検索クエリに応じて、ウェブ検索結果に動画や画像、ブログ、地図など多種類のデジタルコンテンツを1画面上に表示するGoogleユニバーサル検索だが、2008年7月20日時点で、次のレイアウトの試験を実施している。

1. 「あさがお」と検索した時に、自然検索4位の場所に「あさがおのイメージ検索結果」と「あさがおの動画検索結果」をそれぞれ2件ずつ、並列で表示するレイアウト。

2. 「ハジケル・ジャクソン」と検索した時に、自然検査う4位の場所に「ハジケル・ジャクソンの動画検索結果」として、動画をマトリックス状に4件、サムネイルで表示するレイアウト。

3. イメージ検索結果が表示された時に「画像を報告」リンクが表示され、不快・違法な画像があった場合にGoogleに報告することができる機能

いずれも特定PCでのみ確認しており、一部のユーザーを限定とした試験と考えられる。Googleは今年に入って、ユニバーサル検索の表示割合を大幅に増やしたことをプレスイベント「Factory Tour of Search」で米Googleの検索品質担当ディレクター・Johanna Wrightが明らかにしている。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。