SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

MS Bing、検索数が22%増、シェア10.7%に - 2009年8月 Nielsen Online調査

米Nielsen Companyは2009年9月14日、米国における2009年8月の検索エンジンシェアを発表した。

1位のGoogleは検索数が約69億8千万で前月比2.6ポイント成長、検索シェアは64.6%、一方の2位・Yahoo!は検索数が約17億2千万で前月比4.2ポイントマイナス、検索シェアは16.0%だった。

6月にリリースされたマイクロソフト・Bingは前月比22.1ポイント成長の約11億5千万、検索シェアも前月9.0%から10.7%へと拡大した。22.1%は調査対象となっている検索シェアトップ10の中で最高の成長率。ちなみにComcastは前月比21.6ポイントのマイナス成長だった。

Bing Search Increases 22 Percent Month-Over-Month In August, According To Nielsen

http://en-us.nielsen.com/main/news/news_releases/2009/september/bing_search_increases

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。