SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、パーソナライズド検索を拡張、Cookieを使った検索結果カスタマイズを開始

米Googleは2009年12月4日、パーソナライズド検索を拡張し、Googleアカウントにサインインしていないユーザの検索結果も個別化することを公式ブログで明らかにした。

パーソナライズド検索(Personalized Search)とはユーザの興味や関心、過去の検索行動や検索場所(IPアドレス)、ブラウザの言語設定などのデータを参照して、検索結果を個別化する検索サービス。従来は基本的に※Googleアカウントにサインインしているユーザで、かつウェブ履歴機能を有効にしている時に、過去の検索履歴やページ閲覧履歴に基づいて検索結果をカスタマイズしていた。

今回の機能拡張は、ブラウザの匿名クッキーをもとに、過去180日間の検索履歴を参照して検索結果をカスタマイズする。これにより、Googleアカウントを利用していないユーザにも、過去の検索行動にあわせたパーソナライズされた検索結果が検索が提供されるようになる。

Personalized Search for everyone [Google Official Blog]

http://googleblog.blogspot.com/2009/12/personalized-search-for-everyone.html

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。