SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、中国の検索検閲撤廃、香港経由で継続

米Googleは2010年3月22日、中国国内の検索サイト google.cn におけるウェブ検索などの自主検閲の撤廃を発表した。

今後、香港でホストするサーバ(google.com.hk)経由で検閲のない検索サービスを提供する。中国本土のユーザは google.cn にアクセスすると google.com.hk にリダイレクトされ、中国語(簡体字)が利用可能で、香港ユーザも継続して中国語(繁体字)の検閲無しの各種サービスを利用できる。Googleによると、今回の検索システムの移行作業が完了するまでの間、一時的に同社の各種サービスが利用できない場合があるとしている。

Googleは中国政府と交渉を重ねてきたが、中国側は検索の自主検閲は交渉の余地が一切ない法的要求であることを明確に主張し、交渉は決裂。Google 最高法務責任者・David Drummond氏は同社の公式ブログの中で、香港経由による検閲無しの検索サービス展開は合法であり、中国政府が同社の決断を尊重することを願うと述べたが、サービスが妨害される可能性があるという。

Googleは中国国内の研究開発や営業活動は継続していくが、営業部隊の規模は、中国本土のユーザが今後もgoogle.com.hkにどれだけアクセスできるかに左右されるという。また、同社は最後にこれらの決定は米国のGoogle 幹部によってなされたものであり、中国国内の従業員は、その責を負うものではないことを明確に述べている。

Google Hong Kong

http://www.google.com.hk/

A new approach to China: an update

http://googleblog.blogspot.com/2010/03/new-approach-to-china-update.html

China service availability

http://www.google.com/prc/report.html#hl=ja

cf.

Google、中国から撤退か Google.cn 閉鎖の可能性も (2010/01/13)

Google、中国市場からの撤退を正式決定? (2010/01/16)

Google、中国撤退の正式決定報道を否定 (2010/01/16)

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。