SEMリサーチ

SEMリサーチ

米Yahoo!、新版Search BOSS V2 詳細を発表 API利用料金はGoogleより割安

米Yahoo!のオープン検索プラットフォーム・Yahoo! Search BOSSは、同社が検索技術をBingに切り替えた後も存続することが決定していたが2011年2月8日にその詳細が発表された。事前に報道されていた通り、新版Search BOSSは課金モデルに移行する。

Search BOSSは、Yahoo!の検索インフラストラクチャをデベロッパーが自由に利用できるオープン検索プラットフォーム。これまでにhakiaやOneRiot、Daylife、Cluuz がBOSSを使った検索サービスを構築していた。

新版Search BOSS(BOSS V2)は今後数か月内にリリースされ、現行BOSSは今夏までにクローズする予定だ。また、Search BOSS V2のテクニカル情報は2011年3月1日までに公開する準備を進めているという。デベロッパーはYahoo! Developer Networkを通じたセルフサインアップして利用申し込みが可能だ。

デベロッパーは、Yahoo!の提供する検索APIを通じて、ウェブ、イメージ、ニュース各種検索を利用することができる。料金は検索クエリのタイプによって分類され、制限なく全ての検索結果を利用できるFull Web の場合で1000検索あたり80セントとなっている。

なお、BOSS V2 ではデベロッパーが開発した全ての検索アプリケーションに Yahoo!ブランドを表記することが求められる。

The Latest on Yahoo! Search BOSS

http://www.ysearchblog.com/2011/02/08/latest-on-boss/

Yahoo! Search BOSS

http://developer.yahoo.com/search/boss/

boss-v2料金

#

「Yahoo!ブランドを表記する」は、Search BOSSの当初の理念とは少し離れてしまう気がします。莫大な投資が必要な検索インフラストラクチャを提供することで、優れたアイデアを持つ検索スタートアップ企業が市場に参入しやすくしたい、という理念は…。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。