SEMリサーチ

SEMリサーチ

タブレット端末の利用「テレビを見ながら」が70% - Nielsen Company

US Connected Devices: Situational Usage

タブレット端末、スマートフォン、電子書籍リーダーの利用シチュエーション

米調査会社・Nielsen Company(ニールセン・カンパニー)は2011年5月19日、米国人のタブレット端末、スマートフォン、電子書籍リーダーの利用状況に関する調査結果を公式ブログで発表した。

タブレット端末利用者の70%が、主にテレビを見ながら端末を利用していると回答した。その他、利用シーンとして「ベッド」(57%)「家族や友人と」(44%)「待ち時間」(42%)「風呂」(25%)「ミーティングや授業」(24%)「ショッピング」(21%)「通勤」(20%)が挙がっている。スマートフォン利用者も同様に68%が「テレビを見ながら」と回答をしている一方、電子書籍リーダー利用者は35%だった。

その電子書籍リーダー利用者の61%は主にベッドで端末を利用していると回答しており、タブレット端末(57%)やスマートフォン(51%)よりも高かった。デバイスの機能・役割通り、電子書籍は従来の書籍のかわりに利用しているユーザーが多いことが窺える。

次に、各端末ごとに利用シーン別の利用時間を尋ねたところ、タブレット端末は「テレビを見ながら」(30%)「ベッドで」(21%)が上位に挙がった。一方スマートフォンは、「テレビを見ながら」(20%)「家族や友人と」(12%)「待ち時間」(12%)「ベッドで」(11%)と、様々なシーンで利用されていることがわかる。電子書籍は、「ベッドで」が最多(37%)、「テレビを見ながら」(15%)だった。

US Connected Devices: Time Distribution of Usage

各デバイスの利用シーン別利用時間割合

In the U.S., Tablets are TV Buddies while eReaders Make Great Bedfellows

http://blog.nielsen.com/nielsenwire/?p=27702

#

端末のサイズや本来想定された用途通りに使い分けられているという感じ。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。