SEMリサーチ

SEMリサーチ

検索エンジンBing、検索シェア 15.9%まで増加 - 米国 検索エンジンシェア 2011年4月 comScore

米comScoreは2011年5月11日、2011年4月の米国検索エンジンシェアを発表した。

検索エンジンシェアの推移 2006年1月から2011年4月まで comScore公開資料に基づく

2006年1月から2011年4月までの検索シェアの推移を、Google (青) Yahoo!(赤) Microsoft (黄)で示したグラフ。2010年8月以降、Yahoo!の検索シェアが低下する一方、Bingが上昇を続けている。

検索シェア最大のGoogleは前月比0.3ポイント減の65.4%。2位のYahoo!は0.2ポイント増の15.9%、Microsoft Bing も同じく0.2ポイント増の14.1%だった。2010年4月からの過去1年間の推移をみると、Googleが64.4%から65.4%(1ポイント増)、Bingは11.8%から14.1%(3.3ポイント増)と検索シェアを伸ばしたのに対し、Yahoo!は17.7%から15.9%と1.8ポイント減となっている。Yahoo!は2010年8月~9月のオーガニック検索の切り替え後から徐々に検索シェアを落としてきている点は興味深い。

#

Yahoo!とMicrosoft検索事業提携合意に基づいて考えると、Bing自体の検索シェアが増えて Yahoo!の検索シェアが低下すると、TAC(トラフィック獲得コスト)の支払いも減り・・・。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。