SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、Chrome公式サイトのペナルティを解除

米Googleが2012年3月24日前後に、同社ブラウザ・Chrome公式サイトに科していたペナルティを解除した模様だ。

この問題は2012年初頭に発覚した、同社Chromeブラウザのキャンペーンを巡る検索ガイドライン違反が発端。同キャンペーンで協力した代理店が依頼したブロガーの1人が、報酬を受けて投稿したコンテンツの中に Chromeサイトへのリンクが含まれていた。Googleは金銭を対価としてリンクを張ることは有料リンク(Paid Links)であると定義してガイドライン違反としているが、これを同社自身が行ってしまったことになる。

すぐに同社エンジニアのMatt Cutts氏がGoogle+で謝罪をして、Chromeサイトに少なくとも60日間のペナルティを科すことを明らかにし、Google Toolbarで確認可能な PageRank も 0(10段階のゼロ)に変更された。

SearchEngineLand によると、このペナルティの期間は3月16日で最初の期限切れを迎えているが、3月24日時点で PageRank は 7 まで回復し、一般的なキーワードでの順位も回復している。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。