SEMリサーチ

SEMリサーチ

百度(baidu)、日本検索事業の利益は「まだ先の話」

中国情報局2007年7月31日付けの記事「百度:業績好調も、日本事業の利益は「まだ先の話」」によると、百度・李彦宏董事局主席は日本の検索事業について「日本市場攻略の第一歩は人材の確保で、次が製品の開発、利用の拡大は最後になると説明。2007年第二四半期の投資額は1720万元。業界アナリスト達は2008年には利益を出せるだろうと予測している。

中国調査会社・易観国際(Analysys International)によると2007年上半期の中国検索シェアは百度が57.6%、Google中国が21.0%、Yahoo!中国が12.5%となっている。

百度:業績好調も、日本事業の利益は「まだ先の話」

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0801&f=it_0801_002.shtml

「百度」日本へ進出

http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200707280330.html

2007年上半期の中国検索広告市場、百度とグーグルのシェア増大 [ITpro]

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070730/278574/

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。