SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

消費者は価格比較ツールとして検索エンジンを利用する - comScore調査

米調査会社・comScoreによると、オンライン購入に至らなくとも消費者は価格比較のために頻繁に検索エンジンを利用しているという。インターネットが価格調査のためにさらに重要性を増すと考える消費者は80%。「比較サイトへ誘導している検索エンジンの役割を見ると、消費者は最もお買い得な商品を見つけるためにインターネットにさらに依存してきていることがわかる」とcomScore CEO Magid Abrahamは話す。

検索エンジンやネット広告などサードパーティーによるAmazon.comといったeコマースサイトへの送客数の割合は、2007年4月の39%から2008年4月は47%へと増加、しかしこうしたサイト経由により発生したセールスは、同25%から27%へと僅かな伸び。つまり、消費者はネット上であちこちのeコマースサイトを訪問して価格調査をしながらお買い得情報を探し、買う商品を決めたらどこか他の場所で商品を購入しているということになる。実際、こうした行動の3分の1は検索によってもたらされている。

また、購買は必ずしもオンラインで発生しているわけではない。5人に4人はオンライン検索で価格情報を調べた後、オフラインで商品を購入している。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。