SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

GoogleとBing、検索アルゴリズムに「ホワイトリスト」があることを認める

米国で開催中のSMX West 2011のセッション「Spam Police」において、GoogleとBingが公式に特定の検索アルゴリズムに影響を与えないためのリストがあることを認めた。

Matt Cutts氏によると、全検索アルゴリズム共通のグローバルなホワイトリストは存在しないが、ある特定の検索アルゴリズムにおいて、本来はネガティブな影響を受けてはいけないサイトが(誤って)影響を受けてしまわないようにするための、例外リストはあるという。なお、最近のパンダ・アップデートファーマー・アップデートといった一連のアルゴリズム更新のリストはないという。

この事実は、Googleが先月、EU欧州委員会に説明した内容と矛盾する。同社は、EU独占禁止法監督機関のGoogleが不当に競合企業の検索順位を操作しているとの主張に対して、ホワイトリストもブラックリストもないと説明している。

Google & Bing Have Whitelists/Exception Lists For Algorithms [SearchEngineLand]

http://searchengineland.com/google-bing-have-whitelistsexception-lists-for-algorithms-67732?

Google hits back over algorithm dispute [FT.com]

http://www.ft.com/cms/s/2/2e16bd92-2209-11df-98dd-00144feab49a.html#axzz1DwazVUo0

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。