SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google+、ユーザー名の利用制限撤廃を発表 今後は自由に

米Google は2014年7月15日、Google+ におけるユーザー名の利用制限の撤廃を発表した。今後、ユーザーは自由に Google+ で表示するユーザー名を設定することができる。

Google+ はサービス開始当初、リアル世界のコミュニティをオンラインに反映させたいという考えから、ユーザー名に本名を用いるなどの制限を設けていた。こうした方針に対し、オンラインでは実名を使いたくないというユーザーから不満の声も上がっていた。

こうした声を受けて同社は、Google+ が成長するにつれて制限を緩めてきた。Google+ページにおけるオーナー名の制限緩和に始まり、YouTube のユーザー名を Google+ にも用いるなどが行われ、今回ついに、 Google+ アカウントのユーザー名制限も撤廃された。

#

方針変更が、検索サービスの方にどういう影響を及ぼすかしら。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。