SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google、サブディレクトリでもサイトリンクを表示

Search Engine Roundtableによると、Googleがサイトリンク(sitelinks)の表示対象サイトを拡大し、サブディレクトリ以下のページが検索にヒットした場合でもサイトリンクが表示されるようになった。

サイトリンクとは、主にナビゲーショナルクエリ(会社、サイト名など)検索時に一部のサイトの下部に表示するショートカットのリンク集で、当該サイトの主要コンテンツに直接アクセスするのを手助けする。例えば、panasonicと検索すると、1位のパナソニック公式サイトの下に「商品一覧」「パソコン個人向け」「デジタルビデオカメラ」「カメラ・ムービー」などへのリンクが表示される。会社名などで検索してもあらかじめアクセスしたいコンテンツは別のページにある、という場合もあるため、このようにサイト内リンクをあらかじめ表示することは検索の利便性向上につなげることができる。

従来、このサイトリンクの表示はヒットしたページがルート(ドメインのトップ)の場合に限られていたが、現在はサブディレクトリ以下のページでも表示されるようだ。例えば、iPhonewindows vistaなどのクエリでも、それぞれ第2、第3階層のディレクトリのトップが1位に表示されるが、サイトリンクも伴っている(2008年11月19日12時時点)。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。