SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Bing日本版、UIを変更、クイックタブが消滅?

マイクロソフトの検索エンジン・Bing(ビング)の検索結果画面に、数日前から一部変更が行われている。米国ではBingのアップデートが行われて、UIの改良や数々の新機能が追加されているが、その影響もあるようだ。

米国では、ユーザが簡単に検索対象の絞込みが行えるように、よく検索される分野をあらかじめカテゴリで表す「クイックタブ」が、従来の左上から画面上部の検索窓直下に変更された。この変更にあわせてBing日本版でも検索窓直下に新たな絞込みナビゲーションが表示されたが、この仕様が異なっている。

たとえば、「新垣結衣」と検索した時、従来であれば「赤い糸」「写真」など、新垣結衣という女優名と関連づけられる言葉がクイックタブとして表示されたが、検索窓直下は「ウェブ」「画像」「ニュース」「動画」と、いわゆる検索タブと同様の汎用的なものに変更されている。これは「沖縄」(地域ワード)や「ハイキング」「潮干狩り」(アウトドア)関連のキーワードでも同様で、米国版のクイックタブ表示位置相当の場所はすべて汎用的なものに置き換えられている。

一方で自然検索結果枠内は従来同様に、カテゴリ単位で検索結果が表示されており、たとえば先に挙げた「新垣結衣」の場合、最初の5件は「新垣結衣」に対する検索結果、以下、「新垣結衣 ブログ」(3件)、「新垣結衣 プロフィール」(3件)、「新垣結衣 写真」(3件)、「新垣結衣 公式サイト」(3件)となっている。ちなみに、この分類法も今回のタイミングでアップデートされた模様だ。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。