SEMリサーチ

SEMリサーチ

米Google、ページ読み込み速度の評価をスマートフォンサイトにも適用すると発表

米Googleウェブスパム対策チームトップのMatt Cutts(マット・カッツ)氏は2013年6月12日、米シアトルで開催中のSMX Advanced において、今後スマートフォンサイトの検索順位を決定する際にもページ読み込み速度を考慮する計画があることを発表した。

同社は同日、技術的な問題を抱えるスマホ向けサイトの検索順位を下方修正(demotion)する計画を発表しているが、この下方修正の要因としてページ読み込み速度も対象となる。

#

スマホ向け検索順位の調整は英語で demotion と表現されているのですが日本語わからず…と思ってましたが、Twitterにて坂本さん(@sakamotoh)と、アユダンテの安川さん(@hiroshiy)からアドバイス頂いた「下方修正」がニュアンスとしてあっているかなと思いましたので本文では下方修正と表現させて頂きました。安川さんありがとうございます。

ペナルティ(悪いことをしたから制裁)という意味合いではなく、技術的に問題があるからスマホユーザーに提示するのにふさわしくないので上位に表示しない、という意味合いです。ま、検索順位が下がるならどっちも同じじゃないかと思われるかも知れませんが、両者は問題解決のアプローチが全然違いますので、わけさせてもらいました。

また、もう少し細かい技術的なことを付け加えますと、これは当該スマホ向けサイトの重要度をどう評価するかという検索ランキングアルゴリズムのお話ではなく、スマホ向けサイトをどこに表示するかという検索結果表示に関するお話(presentation の問題)です。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。