SEMリサーチ

SEMリサーチ

インデックス済みページ数とGoogle検索順位の関係

Google検索順位とウェブサイトのインデックス済みページ数の関係について。5年ほど前であれば、ウェブページの数を水増ししてでも総インデックス数ページを増やせば相対的に検索順位を上げやすい側面がありましたが、現在はその手法は通用しません。

例えば、Technorati が駆使していた「タグ」によるページ数無限増殖や、サイト内検索結果ページ自体を無限にインデックスさせるといったアプローチは一定の効果が確認されていました。しかし2013年現在の今日、同じ方法をとっても低品質ページが多いとして逆に検索順位が落ちてしまうことでしょう。

"Does a site rank better if it has a lot of indexed pages?" ですが、単にインデックス済みページ数が多いから検索順位が上がるわけではありません。ページ数が多いサイトであれば相応に多数のコンテンツを持ち、きっと数多くのリンクを受けているに違いない、つまりPageRankも相応に高いからクロールもするし~という話です。「ページ数が多い」それ自体が検索ランキングに寄与するわけではないのです。

Does a site rank better if it has a lot of indexed pages?

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。