SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Googleペナルティ解除を目的として新ドメインに移行することは有効か?

あるサイトが Googleガイドラインに違反をしてペナルティ(制裁)を受けたとする。この時に、サイト運営者がドメインを従来の(ペナルティを受けている)exampleA.com から 新ドメイン exampleB.com に変更をして、exampleA.com(以下、Aとする) から exampleB.com(以下、B) に 301リダイレクトを行うと、そのペナルティも移転先に適用される。

ではリダイレクトを行わずに、単にドメインを変更しただけであれば、結果的にペナルティを回避できるかというと、必ずしもそうではない。米Google John Mueller(ジョン・ミューラー)氏によると、例えばサイトのコンテンツをそのまま新ドメインにコピーしただけであれば、A から B へのリダイレクト設定がなくとも、自動的にペナルティが B に適用される場合もある。検索アルゴリズムにより A と B が同一であると検出することが技術的に可能だからだ。

こうした対応はかなり以前から欧米では行われている。例えばグレー~怪しいギャンブル系サイトや、日本でいう情報商材系のサイトはコンテンツを使い回しつつもドメインを頻繁に変更・追加・削除していることが多く、単にあるドメインのみにペナルティを科しても実効性がほとんどなかったからだ。そこで、ドメインだけでなく、コンテンツの同一性にも着目して、ミラーサイトとして多数展開されているようなサイト(かつ、ガイドライン違反を何度も繰り返しているようなサイト)であれば、John Mueller氏が指摘するような対処がなされることがある。

English Google Webmaster Central B&M SMB Site-Clinic office-hours hangout

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。