SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、ソーシャル検索をベータ版として公開

米Googleは2010年1月27日、ユーザの交流関係データに基づいて関連性のある検索結果を表示する、「Google Social Search」(グーグル・ソーシャル・サーチ)をベータ版として公開した。

[UPDATE] 2011/05/19 Google、ソーシャル検索 日本語版を公開

ソーシャル検索は、ソーシャルサークル(交流関係、あるいはソーシャルグラフ)を参照して検索結果をカスタマイズする検索サービス。2009年10月下旬に実験的機能として、オプトインしたユーザを対象に提供されていたが、同日よりgoogle.comでベータ版として全ユーザに提供される。

たとえば、同じ飲食店のレビューでも、知人が書いたレビューの方が参考になることは少なくない。こうした、人間関係的に適合性の高いコンテンツを提示するのがソーシャル検索の狙いだ。ベータ版提供にあわせて、Googleイメージ検索にも対応して、PicasaやFlickrで共有されている、知人が作成したイラストや写真も検索結果に表示されるようになった。

Googleソーシャル検索の人間関係データは、ソーシャルサービス(Facebook、MySpace、Twitterなど)、Gmailコンタクトリスト、RSSフィードの購読先、Flickr、Picasaなどを参照している。同社のGoogle Profileにこれらを登録することで、自分と関係があるユーザの検索結果に反映され、ソーシャル化していく。検索結果画面に表れる「My social circle」「My social content」のリンクを辿ることで、Googleが参照するソーシャルサークルの一部を確認できる。

Search is getting more social

http://googleblog.blogspot.com/2010/01/search-is-getting-more-social.html

cf.

Googleソーシャル検索、Twitterフォローした相手のコンテンツ表示を開始 SEM R

[UPDATE] 2010年の公開ベータ版後、多くの改良を加えた末、2011年5月に日本でもソーシャル検索がリリースされている。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。