SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

米Google、新しい検索アルゴリズム「マグショット」導入 - 逮捕写真サイトの上位表示を避ける狙い

米Googleは2013年10月3日、新しい検索アルゴリズム「マグショット・アルゴリズム」(Mugshot algorithm)を導入したことが New York Times の報道で明らかになった。

これは米国で以前から問題視されていた「マグショット」(警察などに捕まった時に撮影される、逮捕写真)サイトの検索順位を下げる(demote)することが狙い。米国では逮捕写真を集めたサイトが多数あり、1人1人の氏名・写真が逮捕容疑とともに公開されている。削除申請してきた人から、削除費用として高額な費用(数千円から数万円まで)を請求することで利益を得るという事業構造となっており、中にはその削除全般を請け負うエージェント養成講座まで提供しているサイトもある。

自分の名前等で検索するとその写真(へのランディングページ)が上位に表示されてしまうため、転職等で不利益を被る可能性があるわけだが、当人が削除しようにも金銭を要求されることが問題となっていた。マグショットサイトは1つではないため、金銭で解決しようにも総額で膨大な費用と手間暇が発生するため、こうしたサイトを検索上位に表示させている Google に対しても批判が絶えなかった。

New York Times によると、米Google は先週木曜日(2013年10月3日)に新しいアルゴリズムを導入し、翌日には運用を開始。実際にいくつかの問題のページの検索順位が大幅に下げられている模様だ。

Mugged by a Mug Shot Online

http://www.nytimes.com/2013/10/06/business/mugged-by-a-mug-shot-online.html

#

日本でこういうビジネスモデル(?)はあるんですかね、私が知らないだけでしょうか。関連する話題としては忘れられる権利問題でしょうか。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。