SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google Search plus Your World (SPY) よくある質問とその答え (2014/4)

Google Search plus Your World (以下、SPYW)について、一部のブログで「正式公開か?」と報じられたこともあり、ご質問も増えています。そこで、よく尋ねられた疑問や質問についてまとめて以下に記載しますので、興味がある方は参考にしてください。【2014年4月17日時点】【関連記事:Google SPYW (Search, plus Your World) の基本を理解しよう

Search, plus Your World は正式に日本で導入されたのですか?

2014年4月17日午前10時現在、グーグルから特にアナウンスはありません。また、SPYW を目視確認したという報告は Twitter や Facebook で数多く上がっていますが、一方でまだ適用されていないブラウザも多数確認しています。現段階では引き続きテストと考えられます。

3月中旬にも SPYW を確認したという報告が Twitter で数多く観測されましたが、その時はテストが終了してしまったので、今回はどうなるかよくわかりません。

自分のブラウザに SPYW が適用されているか確認する方法を知りたい

Google アカウントにログインして何か検索をしてください。検索結果画面の右上のほうに、ひとの形と地球の形をした2つのアイコンが表示されていたら、SPYW が適用されています。

SPYW によって検索順位はどのように変化するのですか?

自然検索結果に、自分がサークルに追加(フォロー)している Google+アカウント(個人)や Google+ページの投稿が表示されるようになります。もちろん、自分が入力した検索クエリに合致する投稿があった場合であり、全く関係ない投稿が表示されることはありません。

Google アカウントにログインせずに検索した場合の影響は?

Google アカウントにログインしていない場合、つまり標準の自然検索結果※には一切影響がありません。SPYW はあくまで Google アカウントにログインして検索する時に、ユーザ一人一人の Google+利用状況にあわせて検索結果をパーソナルなものにする検索サービスです。

※ パーソナライゼーションが一切されていない、デフォルトの自然検索結果

Yahoo!検索結果に Google+ や Google+ページの投稿は表示されますか?

Google SPYW が適用されるのは Google 検索サイト(www.google.co.jp など google ドメイン)のみです。検索提携パートナーのサイトには表示されません。Yahoo! 検索のほか、BIGLOBE や @nifty、Excite なども同様です。

SPYW は Googleアカウントにログインすることで有効ですから、今後も検索提携パートナーに SPYW が適用される可能性は基本的にはないと思います。

Google +1 ボタンを数多く押されているページの検索順位に影響はありますか?

2014年4月現在、Google は +1 が押された回数を検索順位を決定するためのシグナル(手がかり)として利用していません。+1 は不正操作しやすいため、将来的にも回数の大小が自然検索順位に影響を及ぼす可能性は低いと考えられます。

SPYW は、「自分がフォローしているアカウントの投稿が表示されやすくなる」ものであり、通常のウェブ検索順位に影響するものではありません(※ Google+の投稿が差し込まれることで、他の検索結果が一段押し下げられるという程度の変化はあります)。

ただし、パーソナライズ検索においては趣味嗜好判定のシグナルとして利用されているようです。あなたが過去に押した +1ボタンに基づいて、「あなたの」検索結果をパーソナライズするに過ぎませんので、他のユーザーの検索結果に影響はしません。

Google+ で共有された回数が多い投稿は(SPYWにおいて)検索結果に表示されやすくなりますか?

2014年4月時点の日本語環境においては、単純に検索クエリのテキストマッチングで検索結果に Google+/ページへの投稿が表示されているようです。特に共有数や +1ボタンを押された回数などは考慮されていないようです。

「文字列のマッチング」で検索結果に出てきてしまうため、検索意図に合致しない投稿が表示されてしまうことが少なくないように思えます。

Google+(個人)や Google+ページのフォロー数が多いと検索順位が有利になりますか?

2014年4月現在、Google は Google+ や Google+ページのフォロワー数を検索順位に反映していると説明したことはありません。ただし、Googleアカウント(個人)のフォロワー数と検索順位に何らかの関連性があるのではないかとの指摘は世界中の SEO 専門家の方々が指摘されています。

個人的な見解としましては、単にフォロワー数の大小だけでなく、その当該アカウントの日常の利用状況や活動実績などのデータも総合的に勘案しているのではないかと思います。つまり、単純にフォロワー数の多寡という容易に操作可能な数値のみで計算しているとは考えにくいです。

Facebookページのいいね数が多いと(SPYWで)投稿が表示されやすくなりますか?

SPYW は Google+ のデータしか参照していません。Facebook や Twitter、mixi、Pinterest など他のソーシャルネットワーキングサービスは一切関係ありません。

Google SPYW は SEO にどんな影響がありますか?

短期的な影響は軽微です。理由は単純で、少なくともここ日本において Google+ の日常利用はまだまだマイナーだからです。皆さんの周りを見回してみても、Twitter や Facebook、LINE を日常的に利用している方は多くとも、Google+ をメインにしている方は少数ではないでしょうか。

長期的には、Google+ の成長次第です。

企業のSEO担当です。Google+ページの運用をした方が良いですか?

検索の未来を考えたら、Google+は無視できません。ただ、先述したとおり、決して Google+ はメジャーなソーシャルネットワーキングサイトではありませんので、割くリソースや現時点で費用対効果を考えたら、割に合わないではないでしょうか。また、検索の未来に 「Google+ のようなソーシャルな要素」は重要になるとはいえ、Google+ が実際にユーザーの支持をどこまで得るのかは不確実要素です。

悩ましい問題ですが、Facebook や Twitter と同列に扱うのではなく、将来のための投資と割り切るかどうかだと思います。個人的には、運用はさておき、ページ開設程度までは行ってもいいのではないでしょうか。

ブログを運営しています。SEOのために Google+ を使った方がよいのでしょうか

Facebook、Twitter、Google+ いずれにも言えますが、SEOのためにソーシャルプラットフォームを使うというのは本質的ではありません。たとえば順位を上げたいページへのリンクを24時間ひたすらツイートしているアカウントを見かけますが、論外です。何のためにユーザーと交流をするのか、それを通じてどうしたいのかという目的をはっきりさせましょう。

という前提を踏まえたうえで回答すると、(個人)Google+ アカウントの場合は、Google Authorshipのように明確なメリットを得られる機能が用意されていたりしますので、個人であればとりあえず使ってみたらいかがでしょう。

SPYW について今対策できることは?

上述の通りです。Google+ のアクティブユーザー数を考慮すると、検索トラフィックに及ぼす影響は軽微ですので、Google+ にもリソースを割くことは会社判断としてはなかなか頭の痛いところでしょう。何か対策をしたいんですというのであれば、Google+ページくらい開設したらいかがでしょうか。繰り返しますが、Facebook や Twitter、LINE などと同等に考えずに、投資と割り切って取り組む決断をするかどうかだと思います。

SPYW によって、特定の人物が投稿したり +1や共有したページばかりで自然検索結果が占拠されてしまうことはありませんか?

幸いなことに、ありませんでした。検索結果1ページあたり、投稿は最大2件までしか表示されません。私は辻正浩氏をサークルに追加していますが、私の検索結果画面は汚染されませんでした。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。