SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google Payday Loans アルゴリズムの影響は英語クエリの0.2%

米Google は2014年5月21日(日本時間)に発表したPayday Loans(ペイデイローン)アルゴリズムのアップデートについて、英語クエリでは一般ユーザーが気がつく程度でおよそ0.2%に影響があると述べた。

Payday Loans アルゴリズムは既報の通り、一部の金融関係や人材関係のキーワードのような、比較的スパムが横行している検索結果の改善を目的とした、スパム排除のアルゴリズム更新。最初の Payday Loans アルゴリズムは2013年6月に実施されているので、今回は通算2回目、つまり Payday Loans 2.0 となる。前回は米国内のクエリのおおよそ 0.3%、一方でトルコでは 4% のクエリに影響するなど、米国外の国(≒英語以外)での影響が比較的大きかった。今回も一部の過剰な SEO やブラックハットが蔓延しているクエリでの検索ランキングが大きく変動していることが観測されている。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。