[PR]新刊のお知らせ:ネットショップSEO 2014発売されました

インターネット検索業界動向からサーチマーケティング(SEM)を軸にしたウェブ戦略まで.
『検索にガンガンヒットするホームページの作り方』と
『検索にガンガンヒットするSEOの教科書』著者のblog.




2014年12月18日

ヤフー、Twitterリアルタイム解析から運行状況を伝える「遅延なう」を提供開始

ヤフー株式会社は2014年12月18日、Yahoo!リアルタイム検索アプリに「遅延なう」機能を追加したことを発表した。Twitterの投稿から電車の運行状況をリアルタイムに抽出して、遅延や運休情報を通知する機能。

2014年12月16日

スペインAEDE、EU競争当局に Google News を継続させるよう要請

米Google は2014年12月16日、ニュース検索サイト・Google News スペイン版を正式に閉鎖したことを発表した。スペイン国内で2015年1月から施行される新しい著作権法に対処するためだ。

2014年12月13日

Facebook検索がBingとの提携解消、ウェブ検索結果表示を停止

ロイター通信の報道によると、米Facebook は2014年12月12日、同社のグラフ検索(Graph Search)の検索結果画面から、米Microsoftの検索エンジン・Bing を外したことが明らかになった。

2014年12月11日

グーグル・ペンギンアップデートはライブ更新へ

米Google は2014年12月10日、現在のペンギンアップデートは最適化を行いながらライブ更新されていることを明らかにした。同社広報担当が Search Engine Land に語った。

Googleニュース スペイン版の閉鎖を決定 改正著作権法が原因

Googleは2014年12月10日、スペイン国内のニュース検索サイトを閉鎖することを公式ブログで発表した。同国で来年1月から施行される新しい著作権法が原因。

cf. スペインも「Google税」徴収へ 新しい著作権法可決、ニュース記事抜粋表示に使用料求める

グーグル、スマホ対応ラベルを全世界に適用

米Google は2014年12月10日、スマートフォンからの閲覧に最適化されていることを示す「スマホ対応」ラベル表示を全世界で開始したことを明らかにした。全ての言語に対応したという。

2014年12月09日

Yahoo!検索、一部の検索クエリで関連検索が非表示に 「虫眼鏡」操作を排除

Yahoo!検索の検索窓下(スポンサードサーチ広告最上部の上付近)に表示される関連検索欄(通称・虫眼鏡のマーク)が一部の検索キーワードで表示されないようになっている(2014年12月9日時点)。

Web制作会社はSEO会社からの提案をどう扱えば良いのか

昨日、「Web制作会社の言うSEOは、顧客が望むSEOではないかもしれない」という記事を公開しましたが、今日は Web制作会社の立場から考えてみましょう。お客様とSEO会社、そしてWeb制作会社の3者が一緒にSEOを推進していくケースにおいて、Web制作会社は SEO会社が時折提案してくるだろう無理難題をどのように処理していくのかを考えます。

※ 以下、顧客,SEO会社,Web制作会社の三者でSEOのプロジェクトを進めていく場合を想定

Facebookグラフ検索を更新、過去の投稿が検索可能に 友達限定

米Facebookは2014年12月8日、ユーザーが Facebook上に投稿したコンテンツを検索できるグラフ検索(Graph Search)のアップデートを実施し、自分が投稿したコンテンツあるいはフォローしている友人の投稿内容を過去に遡って検索できるように変更した。

2014年12月08日

GMOグループのディレクトリ登録「SASOU Directory」、2014年12月末で終了

GMOアドパートナーズ株式会社は、希望のWebサイトをディレクトリ(カテゴリ毎にサイトを分類掲載したリンク集のこと)に有料で掲載できる登録サービス「SASOU Directory(サソウディレクトリ)」を2014年12月26日に終了すると発表した。

Google、12歳以下の子ども向け検索サービス開発を計画

USA Today紙などの報道によると、米Google は12歳以下の子ども向けの検索サービスを開発する計画だ。来年のリリースを目指している。

Web制作会社の言うSEOは、顧客が望むSEOではないかもしれない

SEOはユーザー(人間)とアルゴリズム(コンピュータ)双方にとって情報を探しやすく、内容を理解・解釈し易くする、検索エンジンフレンドリーなサイト構築技術でもあります。従って、Webサイトをゼロから構築する段階からSEOの概念を取り入れる、高い検索性を実現するための技術要件を盛り込みつつ開発していくことが理想です。構築段階であれば UX やデザインの観点と SEO の観点を上手く調節・融合することで、ユーザビリティとファインダビリティ(検索での見つけやすさ)を両立しやすいからです。

2014年12月05日

海外SEO情報から学んだSEO手法を推進する時の注意点

英語圏におけるSEOのケーススタディは、様々なヒントや示唆を得ることができるという点で効果的な学習方法です。そのために海外のSEO情報にも広くアンテナを張り、自分たちのサイトでも活用できそうな手法 --- 私はこれを「SEO施策の引き出しを増やす」と言っています --- は実践してみるという姿勢は大変素晴らしいものです。

顧客が望むSEOの成果と、本質SEOで得られる成果のギャップ

SEOの本質が正しく理解されていないことが招く問題について。

顧客が期待するSEOの成果と、現実とのギャップ

SEO(検索エンジン最適化)業界において世界共通の悩みに違いないのですが、クライアントが期待するSEOの成果、(真っ当な)SEO会社が考えるSEOの成果、そしてウェブスパムが得られるSEOの成果には、大きな認識のギャップが長らく存在しています。

顧客が期待するSEOの成果と、真っ当に取り組んで得られるSEOの成果と、ブラックハットに手を染めた結果

簡潔に述べると、顧客の多くは短期間(数日~1か月)でのわかりやすい(特定キーワードで上位表示)結果を求めることが多いのですが、真っ当に(正攻法で/本来あるべき形で)SEOを実施した時には結果が出るまで時間を要するものである、ここに認識のズレがあるということです。

効率的な海外SEO情報の読み方・選び方

立場の違いはあれどSEO業務に携わっている方の多くは、特に英文を読むことが苦手ではない方はきっと日本語だけでなく海外のSEO情報にも目を通していると思います。しかし、「これって正しいの?」「せっかく途中まで読んだのに・・・がっかり」といった経験、あるいは「素晴らしい、参考になった」と思って記事の通りSEOを実践してみたけれど、実はその情報が正しいものではなかった、『現状の自社サイトには適切な施策ではなかった(ので自分の場合はあまり効果が得られなかった)』といった経験をしたことがないでしょうか。

SEO上 .com .co.jp .edu .christmas に効果の違いなし ドメイン問題

どうでもいいのに昔から続く議論の1つ、ドメイン名称とSEOについて。

SEO定番の質問・ドメインによるSEOの違いはあるのか

SEOにおいて昔からの定番中の定番と言える質問・疑問の1つが「.com と .net でSEO効果は違うのか」といった gTLD / ccTLD の違いに纏わる話題です。最近であれば .christmas や .みんな といった新gTLDのSEO上の価値についての質問が増えていますが、やはり結論は変わらずで「ccTLD / gTLD の違いによる評価の差はない」でほぼ決着しています。

米Yahoo!、URLなし検索広告のテスト

米Yahoo!が検索結果画面に掲載する広告で、URLを表示しない形式の広告掲載のテストを行っている。

WDF Vol.16 SEOそこまで言って委員会 金沢市で開催

特定非営利活動法人 Web Directors Forum(以下、WDF)は2014年12月20日、WDF Vol.16「SEOそこまで言って委員会」を金沢市近江町交流プラザにて開催する。

2014年12月04日

gooラボ、日本語解析技術APIを公開

NTTレゾナント株式会社は2014年12月3日、NTT研究所が開発して同社の検索エンジン「goo」で利用してきた、日本語解析技術に関連するAPIを公開した。gooラボから利用できる。

2014年12月02日

感謝祭の検索順位変動はペンギン3.0 引き続き更新中

米国の感謝祭から数日(2014年11月27日~12月1日)にかけて Google 自然検索結果の順位変動がSEO系のフォーラム等で報告されていたが、これは10月に導入開始されたペンギンアップデート3.0だったことが判明した。








SEMリサーチページ 最上部に戻る

アイレップにご連絡いただく場合:100-6107 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F TEL : 03-3596-8700(代)