[PR]新刊のお知らせ:ネットショップSEO 2014発売されました

インターネット検索業界動向からサーチマーケティング(SEM)を軸にしたウェブ戦略まで.
『検索にガンガンヒットするホームページの作り方』と
『検索にガンガンヒットするSEOの教科書』著者のblog.



2019年05月28日

Google、新規のすべてのウェブサイトはMFIが標準に 2019年7月1日から

米Google は、2019年7月1日より、すべての新しいウェブサイト(過去にクローラGooglebot が発見していない)は標準でモバイルファーストインデックス(以下、MFI)になることを公式ブログで発表した。

2019年05月14日

Bing Maps、検索履歴から候補を提案する機能を追加

米Microsoft が運営する検索エンジン Bing は2019年5月13日、地図検索サービス「Bing Maps」に過去の検索履歴から店舗や場所の候補を自動的に表示する機能を追加したことを公式ブログで発表した。日本語版(Bingマップ)も対応する。

2019年05月13日

米Google、検索と Google Assistant でインタラクティブなライブコンテンツを提供する Mini-apps を発表 #io19 #io19jp

米Google は2019年5月8日(米国時間)、米国で開催している Google I/O 2019 において、検索サービスと Google Assistant を通してインタラクティブなライブコンテンツを提供するための Mini-apps を発表した。

2019年05月12日

Google I/O 2019 セッションレポート Google Search:State of the Union #io19jp #io19

2019年5月9日、Google I/O 2019 3日目に開催されたセッション Google Search: State of the Union について紹介します。前半は Martin Splitt 氏による How Search works (the short version)、後半は John Mueller 氏による画像検索について。

Google I/O 2019 のセッション Google Search State of the Union に登壇した John Mueller 氏と Martin Splitt 氏

Google I/O はキーノートを含むすべてのセッションが YouTube で公開されています。英語が不自由ない方は、ぜひ動画を視聴することをお勧めします。

2019年05月10日

Amazon、商品購入前に3D画像で設置イメージを確認できる「ARビュー」を提供開始

アマゾンジャパンは2019年5月8日、AR(Augumented Reality、仮想現実)技術を用いて、購入する商品を置きたい場所に 3D画像を配置することで設置後イメージを確認できる「ARビュー」の提供を開始した。

Google、高解像度画像を掲載できる High Resolution Image Opt-in Program を発表 #io19

米Google は2019年5月9日(米国時間)、マウンテンビューで開催中の Google I/O 2019 のセッション” Google Search: State of the Union”において、高解像度の画像を検索結果に掲載できる High Resolution Image Opt-in Program を発表した。詳細は後日、公式ブログに掲載される予定。

John Mueller

2019年05月09日

Google、ポッドキャストを検索可能に 検索結果で直接聴くことも #io19

米Google は2019年5月7日(米国時間)、米国マウンテンビューで開催中の Google I/O のキーノートにおいて、ポッドキャストのインデックスを開始することを発表した。Google検索でポッドキャストのエピソードを探せるようになる。

[Google I/O 2019] Googlebot、最新Chromiumレンダリングエンジン(WRS) をサポート、今後も継続アップデート #io19

米Google は2019年5月7日、米国マウンテンビューで開催中の Google I/O において、同社のクローラ Googlebot が最新のレンダリングエンジン・Chromium バージョン74 をサポートしたことを明らかにした。

[Google I/O 2019] Google 構造化データで「How-to」と「FAQ」をサポート、Google Assistant を意識 #io19

米Google は2019年5月8日、「FAQ」と「How-to」の構造化データをサポートすることを発表した。対応するコンテンツをマークアップすることで、リッチリザルトに掲載することができる。現在はいずれも開発者プレビューとして公開されている。本記事では Google I/O 2019 のセッション内容とあわせて紹介する。

いずれもPCやスマホ画面だけでなく、スマートスクリーンで Google Assistant を介して利用されることも想定しており、How to Action や FAQ Action としてホームハブのスクリーンでもハンズフリーで(音声で)閲覧することが可能だ。サイト運営者はコンテンツを Google Assistant を通して届けられるようになる。

2019年05月08日

Google Assistant、音声処理をローカルで行い、高速化を実現 #io19

米Googleは2019年5月7日(米国時間)、カリフォルニア州マウンテンビューで開催中の開発者向け年次イベント Google I/O において、Google Assistant の音声処理をスマホ端末内(ローカル)で行うことを可能にし、応答処理を高速化すると発表した。従来はネットワーク経由で行っていた。


[Google I/O 2019] Google、レンタカーの予約を自動で行う Duplex on the Web を発表 #io19

米Googleは2019年5月7日(米国時間)、カリフォルニア州マウンテンビューで開催中の開発者向け年次イベント Google I/O において、AI がユーザーにかわりタスクを自動的に行う Duplex on the Web を発表した。

Google、レンズとARを検索に組み込み、立体的な情報を提供可能に #io19

米Googleは2019年5月7日(米国時間)、カリフォルニア州マウンテンビューで開催中の開発者向け年次イベント Google I/O において、Google レンズとAR(Augmented Reality、拡張現実)を検索に組み込み、立体的で視覚的な回答が得られる機能を追加すると発表した。

検索結果で見つけたサメを 3D でキーノートのステージに AR を使って表示

2019年04月22日

Google、EU域内で Android の検索・ブラウザアプリの選択画面を表示

Google は2019年4月18日、欧州経済領域(EEA)のAndroidユーザー向けに、端末で利用する検索アプリとブラウザアプリを選択・ダウンロードするための画面を今後数週間のうちに提供すると公式ブログで発表した。

2019年04月10日

Google検索、日付指定検索コマンド before: after: のベータ版提供開始

米Google は2019年4月10日、特定の期間に公開されたコンテンツに限定して検索するための検索式 before: after: をベータ版として提供すると発表した。

2019年04月05日

Google Duplex、Pixel 以外の端末でも利用可能に

Google Assistant の AI(人工知能)が利用者に代わり電話でレストランの予約をしてくれる Google Duplex が、Google製端末以外でも利用可能になった。3月にDuplex の利用可能都市が拡大されたが、端末は Pixel シリーズに限定されていた。

2019年03月14日

Google検索、コアアルゴリズムのアップデートを実施(2019年3月)

Google は2019年3月13日、検索エンジンのコアアルゴリズムを更新したことを公式 Twitter にて告知した。コアアルゴリズム更新は検索品質改善を目的に、年間を通じて定期的に実施されている。

2019年03月07日

AIが電話して飲食店予約をする Google Duplex が米国で利用可能に

米Google は2019年3月6日、Google Assistant が電話をしてレストランの予約を行うことができる Google Duplex を米国43都市で利用可能になったと公式ブログで発表した。

2019年01月10日

米Google、再検索や再訪問を容易にするアクティビティカードをリリース

米Google は2019年1月9日、過去に検索した事柄や、後で確認したいページを保存できる新機能「アクティビティカード」を公開した。同社によると本日より米国のモバイル検索および Googleアプリで利用可能とのことだが、本記事執筆時点(1月10日21時)で筆者のモバイル端末(設定言語:米国、検索場所:サンフランシスコ)では確認できなかった。

2019年01月08日

2019年注目のサービス「Google Discover」 仕組み、SEOへの影響、最適化手法

新年ということで、オンライン検索において注目されている話題を適当に取り上げていきたいと思います。まずは Google Discover。

記事を読むのが面倒な方向けに先に要約すると「SEO とは別に考える、特別な対策は特にない、従来の SEO のノウハウがそのまま使える、有益で役立つコンテンツづくりを継続してね」といったところです。

2019年01月07日

DuckDuckGo、2018年の検索回数が90億を突破

プライバシーを重視した検索エンジン DuckDuckGo は2019年1月3日、昨年の検索回数が90億を突破したことを公式 Twitter で明らかにした。






SEMリサーチページ 最上部に戻る

私個人にご連絡いただく場合:ご意見、感想、取材の依頼、
その他お問い合わせはこちら
より。

アイレップにご連絡いただく場合:100-6107 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F TEL : 03-3596-8700(代)