[PR]新刊のお知らせ:ネットショップSEO 2014発売されました

インターネット検索業界動向からサーチマーケティング(SEM)を軸にしたウェブ戦略まで.
『検索にガンガンヒットするホームページの作り方』と
『検索にガンガンヒットするSEOの教科書』著者のblog.




2016年12月01日

Google、文章からユーザーの欲しい情報を要約する技術を開発

米WIREDの記事"Google’s Hand-Fed AI Now Gives Answers, Not Just Search Results"で、Google が文圧縮アルゴリズムと呼ぶ技術を活用して、ウェブ上の関連するページから長い文章や段落を取り出し、まさに探している情報を抽出する技術について解説されている。

DeNA WELQ と検索技術の課題

DeNA の WELQ の件で人と会う度に見解を求められるので、ざっと述べておきます。やっぱり関心高いですよね。

2016年11月29日

検索エンジン各社の医療情報検索への取り組み

東証一部上場企業の某スパムメディアが不適切な医療情報を大量に検索上位に表示させている問題。その技術的背景の解説はに譲るとして、検索エンジン各社は医療や病気に関連する検索が抱える課題は以前から認識しており、これまでさまざまな製品開発を行ってきた。

2016年11月18日

Google Assistant搭載デバイス「Google Home」レビュー

「モバイルファーストから、A.I.ファーストへ」と提唱する Google が10月に発表した同社製品の1つ、Google Home。簡単に説明すると、音声でコンピューターと直感的なやりとりをして、音楽再生、ニュースの取得、タクシー手配などさまざまなことを実現可能にする音声アシスタントデバイスです。

2016年11月09日

Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 何が発表されたの?

モバイルファーストインデックスの話についてすでに記事を書いている人は(私も含めて)いままでの Google モバイル検索の仕組みを十分に理解したうえで解説しています。けれども、検索まわりに詳しくない方は、そもそも従来のシステムを把握していませんので、評価対象が PC からモバイルに切り替わるといっても、よくわかりませんよね。

以下のスライドは、従来から私が比較的初心者のウェブマスター向けにモバイル SEO の概要を説明するときに使用していたものを、MFI 発表にあわせてアップデートしたものです。初心者向けにしては難解になっている印象を受けるかもしれませんが、誤解なく全体的な仕組み、Google の検索の考え方を理解してもらうためです。

※ この記事は、モバイル検索にあまり詳しくない方向けに書いたものですが、全然意味がわからないよ!という点がありましたらお気軽に Twitter 等でご指摘ください。すべてのご要望にお応えできないかもしれませんが、可能な範囲で補足説明等を追加していきたいと思います。

【関連記事】 SEO担当者向けの FI解説記事

2016年11月05日

Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?

グーグルは2016年11月5日(米国時間4日)、自然検索においてモバイル版コンテンツを主に使用してランキングを決定するモバイルファーストのインデックス(Mobile First Indexing, MFI)を開始する計画を公式ブログで発表した。先月ラスベガスで開催されたカンファレンス Pubcon のキーノートで同社Gary Illyes氏が言及したモバイルファーストインデックス(Mobile First Indexing, MFI) についてようやく同社公式ブログが詳細に触れた(関連記事:Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ)。

【関連記事】 初心者ウェブマスター向けのMFI解説記事を用意しています

2016年10月26日

スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も

米調査会社パークス・アソシエイツは2016年10月20日、米国ユーザーの音声認識ソフトの利用状況についての調査結果を発表した。

2016年10月19日

Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か

ヤフー検索は2016年10月19日、デスクトップPC版の検索結果画面右側に表示していたスポンサードサーチ広告(検索広告)が表示されなくなった。

2016年10月17日

[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ

※ 昨日公開した記事「Google、自然検索インデックスの分離を発表、今後はモバイルが主要インデックスへ」に間違いがございました。訂正のうえ、情報を整理した記事となります ※

米Google のGary Illyes(ゲイリー・イリーズ)氏は2016年10月13日、米国・ラスベガスで開催中の Pubcon のキーノートで、今後数か月内にモバイルを優先したインデックスへ切り替える方針を明らかにした。

Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示

米Google は2016年10月13日、事実を含むニュース記事を示すための「Fact check」ラベルを Google News に表示することを明らかにした。米国と英国が対象。

2016年10月16日

[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表

米Google のGary Illyes(ゲイリー・イリーズ)氏は2016年10月13日、米国・ラスベガスで開催中の Pubcon のキーノートで、数ヶ月内に検索インデックスを PC版とモバイル版に分離することを発表した。モバイルがプライマリー(主要)となる。

★公開時のタイトルが適切ではありませんので、「Google、自然検索インデックスの分離を発表、今後はモバイルが主要インデックスへ」から「Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表」に変更させていただきました。詳細は「追記」欄をご覧ください★

また、訂正版の記事「Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ」を改めて配信します

2016年10月11日

ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)

Marketing Land に Gary Illyes氏とBarry Schwartz氏が先月(2016年9月)発表したペンギンアップデートについてのインタビューが掲載されている。

ペンギンアップデートはSEOスパム全般を処理するためのアルゴリズムで、とりわけリンクスパムを標的にしている。

2016年10月06日

Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表

米Google は2016年10月4日(現地時間)、Google Assitant(グーグル・アシスタント)を発表した。従来から提供してきた Google Now の次世代的な位置づけの製品で、人工知能(AI)や機械学習を活用した、ユーザーとより対話的なユーザーインターフェースを提供する。

2016年09月30日

Bing App、AMPサポートを開始

米Microsoft の検索エンジン・Bing は2016年9月23日、同社の Bing App においてオープンソースの AMP(Accelerated Mobile Pages)サポートを開始したことを公式ブログで明らかにした。

2016年09月24日

Google ペンギンアップデート4.0を発表、リアルタイムに自然検索結果に反映

米Google は2016年9月23日、ウェブスパムページの対策を目的とした検索アルゴリズム、通称「ペンギン」のアップデートを公式に発表した。

2016年09月15日

MS Bing、新しいオートコンプリート機能をリリース、映画検索と学術論文検索に適用

米Microsoft の検索エンジン・Bing は2016年9月9日、新しい検索クエリのオートコンプリート(入力補助機能)を開発し、学術研究論文と映画関連の検索に適用したことを公式ブログで明らかにした。

2016年08月24日

Google、閲覧を邪魔するインタースティシャルを使ったページの順位低下を発表

米Google は2017年1月10日以降、次の事例に該当するインタースティシャルを使ったページは検索結果で上位に表示されない場合があることを公式ブログで発表した。

Googleモバイル検索、「スマホ対応」ラベルを廃止

米Google は2016年8月23日、モバイル検索結果において同社のモバイル対応基準を満たしたページに表示してきた「Mobile Friendly(スマホ対応)」ラベルを削除する方針を明らかにした。

2016年08月05日

Googleモバイル検索、全検索結果にAMPページ表示へ

グーグルは2016年8月3日(米国時間2日)、AMP(Accelerated Mobile Pages)ページをモバイル検索の全検索結果でサポートすることを明らかにした。開発者プレビューが公開され、ユーザーや開発者、サイト運営者からのフィードバックを集める。今年後半にはより多くのユーザーが利用できるようにする計画だ。

2016年06月27日

ゲイリー・イリーズ氏による「AMA With Google Search」セッション

2016年6月22~23日に米国シアトルで開催された SMX Advanced でより「AMA With Google Search」セッションの一部を紹介する。米Google のゲイリー・イリーズ(Gary Illyes, Webmaster Trends Analyst)氏が何でも質問に答える時間だ。セッションの完全なレポートは他の日本人参加者に譲り、私が気になったポイントだけ列挙する。








SEMリサーチページ 最上部に戻る

アイレップにご連絡いただく場合:100-6107 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F TEL : 03-3596-8700(代)