[PR]新刊のお知らせ:ネットショップSEO 2014発売されました

インターネット検索業界動向からサーチマーケティング(SEM)を軸にしたウェブ戦略まで.
『検索にガンガンヒットするホームページの作り方』と
『検索にガンガンヒットするSEOの教科書』著者のblog.




2015年01月30日

Facebook、現在地にあわせて有用な情報を表示する Place Tips を提供開始

米Facebookは2015年1月29日、ユーザーの現在地に基づいて関連性の高い情報を表示するニュースフィードの新機能「Place Tips」の提供を開始した。現時点では、iPhone用Facebookアプリを利用しているユーザーで、Facebookの言語を「英語(米国)」に設定している場合に適用される。

Google、ローカルガイドプログラムを開始(シティエキスパートから名称変更)

Google が2013年に開始した、地域のお店やスポットについてのクチコミ投稿を促すインセンティブプログラム「シティエキスパート」が、2015年2月16日から「ローカルガイドプログラム」に変更されることが明らかとなった。

Google Chrome Canary版、非HTTPS(暗号化していない)ページに赤いバツ印を表示

Google に勤務する Ilya Grigorik 氏が、Google Chrome Canary版(ナイトリービルド、開発者向け)の最新版に、HTTPS(暗号化)通信していないサイトにアクセスした時に、安全でないことを示すアイコン(赤いバツ印)がアドレスバーの URL 左側に表示されるようになったことを Google+ で報告している。

2015年01月29日

Google、「地域分散クロール」と「言語依存クロール」を開始

米Google は2015年1月28日、同じURLながら検出したユーザーの来訪国や使用言語に基づいて異なるコンテンツを返すウェブページ(地域対応ページ、 Locale-Adaptive Pages)のインデックス登録を改善するために、地域認識クロールを導入することを公式ブログで発表した。

2015年01月28日

Google、スマホ検索結果にも robots.txt によるブロックの旨を表示開始

英GoogleのAde Oshineye氏(デベロッパーアドボケイト)は2015年1月27日、モバイルサイトが Googlebot のクロールを拒否している場合に、デスクトップ版検索結果と同様に、robots.txt によりブロックされている旨のメッセージを検索結果のスニペット欄(説明文表示欄)に表示するようにしたことを公式に発表した。

Twitter が Bing と提携、ツイートの翻訳機能を提供

米Twitter は2015年1月22日、米Microsoftの検索エンジン・Bing と提携し、ツイートの自動翻訳機能を提供することを発表した。

2015年01月26日

WordPressの脆弱性をついたSEOスパムが増加中 注意を

2015年1月10日前後と同1月20日前後を中心に、WordPress の脆弱性をついたSEOスパムが急増している。Google ペイデイローンアルゴリズムが想定していた、スパム汚染が酷いキーワード(洋服、靴、雑貨等のブランド、例えばグッチやエルメス、ティファニー)が本件のターゲットになっている。

不正なウェブページへリンクを供給するSEOスパムページ。ページそのものスパムはキーワード繰り返し等の古典的なもの

問題のページのスクリーンショット。不正なウェブページへリンクを供給するSEOスパムページ。ページそのものスパムはキーワード繰り返し等の古典的なもの

2015年01月20日

「Google ウェブとアプリのアクティビティ」をオプトインすると何が変わるのか?

先日公開した記事「Google検索と Yahoo!検索の現在地情報の取得方法」の中で、Google が検索利用者の現在地を把握するために活用している項目として「ウェブとアプリのアクティビティ」を挙げました。

2015年01月19日

米ヤフー、Googleそっくりな検索インターフェースをテスト

米Yahoo! Search が Google の検索インターフェースそっくりな検索結果画面のテストを行っている。

米ヤフー検索が、Googleとほぼ同一の検索UIテスト、2015年1月18日

2015年01月18日

Google 1日の総検索数は約30億クエリ、1年で1兆超え

Backchannel の記事「How Google Search Dealt With Mobile」によると、Google が処理している1日の検索数は約30億クエリとのことだ。1ヶ月でおよそ900億クエリ、1年で約1兆の検索クエリを処理していることになる。

2015年01月15日

Google検索と Yahoo!検索の現在地情報の取得方法

先日ベニスアップデート(Venice Update)の影響調査をしている過程で調べたことをメモ的に。日Yahoo!が米Googleと提携しているといっても検索周りの細かな仕様は違います。現在地情報の取得方法も両者で異なるので、同じ場所にいるユーザーでも Yahoo!検索と Google検索の結果は異なることがあります。

「不自然なリンク」の判断ができないなら、リンクの否認はしなくてよい

Google が提供する「リンクの否認」(link disavow)は使い方について誤解をされている方が多いように見受けます。今回は、一般的なサイト運営者(中小規模からちょっと大きいくらいの ECサイトやメディア)を想定した注意事項についてまとめます。

2015年01月14日

ドメイン登録サービス「Google Domains」が一般公開

米Google は2015年1月13日、ドメイン登録サービス「Google Domains」ベータ版を米国ユーザー向けに一般公開した。

2015年01月09日

ベニスアップデート後の検索順位チェック法 指定した場所のGoogle検索結果ページを表示させる

特定の地域の Google検索結果画面を見たい

2014年末に Google がベニスアップデート(Venice Update)と呼ばれるウェブ検索結果を検索ユーザーの現在地にあわせてローカライズして表示するアルゴリズムを導入したことは何度かお伝えした通りですが、このアップデートを受けて、「全国各地の店舗や情報を持つうちのサイトは、果たして各エリア・地域周辺の検索結果画面ページにきちんと表示されているのか」気になる方はいらっしゃると思います。これを契機にローカルSEO にもきちんと取り組みたいとお考えであれば、なおさら特定地域の検索結果を確認する手段は知っておきたいに違いありません。

Google In-depth Articles 一覧リストを検索結果に表示させる方法

Google が2013年8月に米国でリリースしたIn-depth articles(詳細な記事)は、一部の検索クエリで高品質な詳細情報を記したページを自然検索結果に表示する機能だ。常時さまざまな仕様やレイアウトのテストが行われているため、Google 周辺をウォッチしているブロガーによく新テストが取り上げられることも多い。直近では2014年9月頃から、一般的なキーワードでも In-depth articles 枠が表示されるようになったことで、関心があるSEO担当者もいるだろう。

Google Now、現在地にあわせた背景写真を表示

Google Now がユーザーの現在地にあわせて背景写真を自動的に変更する機能を追加した模様だ。Google Operating System ではマイアミ(米国)にいるユーザーにマイアミ市街地の風景写真を表示する例を紹介しているが、日本国内でも同様に場所にあわせた写真が表示されるようになっている。目黒区だと目黒川の桜の風景が、千代田区からは東京スカイツリーが見える景色の写真に切り替わる。

2015年01月08日

META Robotsタグ活用完全ガイド noindex nofollow noarchive など まとめ

検索エンジンのクローラの動作や行動を制御するためのロボット排除プロトコル(REP、Robots Exclusion Protocol)の中でも、META robots タグを用いた方法の紹介です。2015年1月1日時点でサポートされているものを紹介しています。 nositelinkssearchbox などSEO担当者に関連するMETA要素も含んでいます。

Googleに提出されたリンク削除リクエストは3億4,500万件超に 前年から75%増加 TorrentFreak調査

2014年の1年間で著作権者が Google に申し立てたリンク削除リクエストの件数が3億4,500万以上に達し、前年よりも75%増加していたことが TorrentFreak の調査で明らかになった。

2015年01月07日

米Microsoftと米Yahoo!の検索サービスに障害が発生、原因はコード不具合

2015年1月2日午後2時30分頃(米国東部標準時)、米Microsoftと米Yahoo!の検索サービスに障害が発生した。Microsoft の検索エンジン・Bing は障害発生から20分ほどで復旧したが、Yahoo! Search は4時間以上にわたり検索が利用できない状態が続いた。

2015年01月06日

Facebook、音声認識技術のスタートアップ Wit.ai を買収

米Facebookが2015年1月5日、音声認識技術のスタートアップ・Wit.ai を買収したことが明らかになった。








SEMリサーチページ 最上部に戻る

アイレップにご連絡いただく場合:100-6107 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F TEL : 03-3596-8700(代)