SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

Google検索結果、ペンギンアップデート2.0より大きな順位変動を確認(6/6)

2013年6月5日から6日にかけて、検索エンジン・Google の大幅な検索順位変動が確認された。米Googleからは特に公式な発表は行われていない。

検索順位変動の幅は先日のペンギンアップデート2.0の時よりも大きいことを確認。ただし検索アルゴリズムの更新が行われたのか、データリフレッシュが行われたのか、その他の要因なのかは現時点で確認できていない。ただし、米Googleマットカッツ氏は先日、マクロなリンク分析アルゴリズムの追加など、いくつかのアップデートを予定していることを示唆していたことや、タイミング的に明日6月11日からシアトルでSMX Advanced が開催されることなどを考慮すると、新しいアルゴリズムを追加したのかもと考えたくなるが、単に先日のペンギンアップデートのマイナーアップデートの可能性も否定できない。

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。