SEMリサーチ

企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います

解説

Googleベニスアップデート、地元密着の事業者やメディアに恩恵?

全体的に検索流入に直接影響がありそうなGoogleベニスアップデートの日本語検索への適用。全国展開事業者とキーワードで争わなければならなかった地域密着型の事業者やポータル・情報系サイトには恩恵があると考えられる。

Google ಠ_ಠ、日本国内7つのSEO目的リンクネットワークにペナルティ(実施済)

やさしめ解説記事。Google 特別エンジニア・マットカッツ氏が日本国内のリンクネットワーク7つに、すでに制裁を科していたことを明らかにしました。該当ネットワーク参加サイト管理者には、Google からガイドライン違反通知が届いているはずです。本記事は、…

米Google、Anglo Rank リンクサービスを無効にしたことを公表

グーグルがリンクネットワークサービスを名指しして無効にしたことを明らかにした。同サービスを利用していたサイトにもガイドライン違反の通知が届く模様だ。Googleは最近特に、リンクネットワークの名称を名指ししてスパム対策を実施したことをアピールし…

なぜGoogleはディレクトリ登録サイトにnofollowを加えるよう通知したか

一部のディレクトリ検索サイトが掲載サイトのリンク先にnofollowを追加するように仕様を変更しました。また一部のディレクトリはGoogle検索結果に表示されないことが確認されています。Googleがこうした措置を行った理由は何でしょうか。論点はおそらく「実…

Google新アルゴリズム「ハミングバード」導入で検索がどう変わったの?

米Googleが発表した新しい検索アルゴリズム「ハミングバード」(Hummingbird)について、具体的にどう検索結果が変化しているのかの仕組みも踏まえて解説します(2013年9月30日時点)。

米Google、技術的問題のあるスマホ向けサイトの順位を下げる方針を発表

グーグルが技術的問題を持つスマホ向けサイトの順位を調整する方針についての補足解説記事。トップページにリダイレクトしているのはそれなりに理由があるので、その理由別の対応方針。

Googleが早期段階で不自然リンク警告を通知するようにした狙いは?

スパムリンクを撲滅するためには、1つ1つのリンク検出能力をあげてアルゴリズム的に排除するだけでなく、ウェブマスターにそれ(スパムリンク)をさせない、抑止力を持たせることが重要。

グーグル、「rel=alternate hreflang=x」サポートを拡張、多言語サイトを適切にインデックス可能に

Google、多言語サイトのコンテンツを識別し、検索ユーザーの国・言語にあわせて検索結果に表示するための rel="alternate" hreflang="x" アノテーションに新機能を追加。

rel=”next”とrel=”prev”を使用したページネーションの設定方法と考え方

グーグルが日本語公式ブログで発表した rel="next"とrel="prev"を使ったページネーション(Pagination)方法について、ウェブマスターとしての判断方法をまとめた。

時系列で見るSEOのパフォーマンス

「時系列で見るSEOのパフォーマンス」 (japan.internet.com) のグラフについて解説

COPYRIGHT © 1997-2020 渡辺隆広(わたなべ たかひろ) ALL RIGHTS RESERVED.

SEMリサーチ(www.sem-r.com)に掲載している文章及び図版の無断使用及び転載を禁じます。著作権侵害行為には厳正に対処します。

免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。